人気ブログランキングへ

2013年02月23日

メッセージ





何かあった時、その意味を考えるようになりました

それは全てでは無いけれど、また、事の大小に関わらず

ふとした事、自分が何かを感じた時に、想いを馳せることが増えました




そして、その直感が事の始まりになることがどれだけ多いかを、体験として知りました

また、そこで始まった物語は、ひとつの結果として何れ現れますが

実はその結果は、結果となった瞬間に既に、次の物語への通過点になっていることを後で知ります




つまり、結果は結果として存在せず、常に通過点であるだけになります

そうなると、大切なものは結果ではなく、プロセスにあることを理解します




結果に拘れば、物語はそこで終わります

そして、それとはまた別の物語を設定し、そこに見た結果に向け歩きます




結果が得られなければ、悲しんだり、落ち込んだりします

でも、プロセスを重んじれば、結果に一喜一憂することなく

うまく行かなかった結果にも意味を見て、その結果が通過点となり、ひとつの物語を紡いで行きます




ひとつひとつの結果を結果として捉えるか、または通過点として捉えるか

結果の意味を考えた時、その意味は結果と結果の間を紡ぐ糸になります

結果と結果の間を繋ぐもの、それがそこに在る「意味」




そしてその意味は、自分の中にだけ在ります

だから、ひとに意味を押し付けたり、ひとに意味を求めるのは筋違いです




もしそうしている自分が居るならば、自分がそうしている意味を、自分の中で探してみることです

全ては、自分の中で起こっている物語です

ひとが起こしていることは、何一つありません

そして、それに気づいてあげることこそが、自分の癒しになります




昨日は朝から日輪を見ました

それもまたメッセージ










  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 08:42Comments(0)