人気ブログランキングへ

2013年05月16日

シンクロ




昨日、99 が来て

その次は、666 が来ました




そして、丁度覗いたブログのアクセス件数は

Total: 95495

Today: 220

Yesterday: 272




なんだか、美しいですね

なんだか、流れていますね

昨日は、そんな日でした




22時、昨日はフリバ The Wild の営業日でした

お客さんも居なかったので、13の月の暦を見ました

昨日は、Kin92「黄色い磁気の人」でした




その中のメッセージと昨日のそれまでの自分に、珍しくシンクロを感じられなくて

Facebook に、「シンクロはこれからかなー」とつぶやきました

頭の片隅に、「シンクロしない日だってあるさ」と一瞬浮かびましたが

「いやいや、そんなことはない」と、すぐにその考えを消しゴムで消しました




そしてシンクロは、24時のほんの少し前に起こりました

ちなみに、暦のメッセージはこういうものでした(メッセージの一部を抜粋)

-------------------------------------------------------------------

自由意志でやることは

自分の限界を超える、未知のやり甲斐のあること

フルに知恵を絞って取り組んでいると

自分もまわりも感化されて

スゴイことが達成される




これって、いつもの自分ではあるけれど

昨日に限って、これに直結する出来事がなかったので、不思議に思っていました

でも、昨日が終わろうとしていた頃、それはちゃんと来ました




そしてそれは、ここ暫くを振り返ってみると

「大きな流れとして動き始めたwave の中の、一出来事」であることに気づきます




ひとは、目の前の出来事に囚われ過ぎています

だから、苦悩するのです




先日も書いた準備中のセミナー(講演会)の中で

wave(波動) に関するお話をします

振動工学で出て来る公式なども紹介しながら、でも判り易く話します

本来は、美しいwave なんですが

それらがいくつも重なって、wave が乱れて来ます

そうなると、それはnoise と呼ばれるものに変わります




目の前の出来事

それは、基本的にnoise 的に上辺を見ている場合が殆どで

その本質は、なかなか見られていないように思います




より、周波数が低いwave に気づけることが大切(本質)で

13の月の暦も本来は、その日その日のシンクロに気づくだけでなく

全体を通し流れている宇宙のwave を感じると、おのずと流れに乗って行きます




13の月の暦に興味があれば、たかしっちさんのworkshop でお勉強してください

ちゃまも2回受けました

受ける度に気づきがあって、楽しいですよ




シンクロの動詞形は、synchronize

自動詞と他動詞の両方の意味を持ちますが、自動詞としての意味は

同時性を持つ、同調する、一致する、などです




「そうなろうとする」のではなく、「そうなってしまう」

それが、真のシンクロです

We are not " human doing " but " human being"




これは、桜の季節に撮った「まりなちゃん」の写真です

彼女の波動は、感動的にゆるやかで美しく

隣りにいるだけで、自分の何かが溶け落ちてゆくのを感じます












また、そのうち逢いに行くね

インラケチ ∞ ONE LOVE




-----------------------------------------------------------

今日(木)は、今月最後のフリバ The Wild 営業日です

気が向いたら、遊びに来てね




5/19日 出店 @スピマ

5/19日 LIVE @Conviction

5/25土 photo workshop @コロボックル

5/26日 出店 @大月癒しのフェスタ

5/31金 photo workshop @コロボックル

6/2日 出店 @勝沼朝市

6/4火 LIVE @freebar-d(ハングドラムのYoda くん出演)



  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 09:45Comments(0)