人気ブログランキングへ

2013年05月22日

時空を知る





体調不良だった、昨日

体調不良だった翌朝の、今




時間は、繋がっているのではなく

瞬間の断面が、映画のフィルムのように次々と現れては消えているという説があります




宇宙とは、時空であることを以前話しました

宇は空を、宙は時を意味します




ループ量子重力理論では

時空の最小単位は、以下のように定義されます

・空間 ・・・ 10 ^-33 cm を3乗した体積

・時間 ・・・ 10 ^-43 秒

それらは、余りにも微小なため

ニンゲンには、あたかもなめらかな連続したものに感じてしまうといいます




時間の探求は、2500年前

ギリシャの哲学者、アリストテレスが

「時間とは、何か?」

と、自問した時から始まったと云われています




その後時間に関する理解は、物理学者を中心に様々に予言されていますが

今尚、その答えを知るものはいません




アリストテレスの後、時間は、ガリレオ、ニュートン、ライプニッツ等により研究され

また近代では、アインシュタイン、湯川秀樹、ホーキングなどにより、緒論が展開されています




それらの諸説を、自分なりに勉強していますが

それらを勉強することや、理解すことが目的ではなく

それらから生まれる「自分の気づき」に、興味があります




知るということの質を、5つの日本語で表現出来ます

意識、知識、見識、良識、胆識

これらは、ループして元に戻ります




これら、時空の瞬間断面の話や、5つの知るお話は

「ウロボロスの蛇」にも通じます

興味があったら調べてみてください




こんなことも、現在執筆/ 制作中の「穏やかな人生論」の中で話します

具体的に、トークライヴの日時や場所を決める段階になりました

もし、興味があるようであれば、ご参加ください




放浪の旅をしながら

全国でも開催します







庭に咲いた花

今の暮らしを、感じます




インラケチ ∞ ONE LOVE




----------------------------------------------------------------------
5/25土 photo workshop @コロボックル

5/26日 出店 @大月癒しのフェスタ

5/31金 photo workshop @コロボックル

6/2日 出店 @勝沼朝市

6/4火 LIVE @freebar-d(ハングドラムのYoda くん出演)



  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 09:56Comments(0)