人気ブログランキングへ

2013年05月30日

蟻の観察





うちの庭には、たくさんの蟻の巣があります

ふと気がつくとしゃがみこんで、観察している自分がいます




色んなことに、気づきます

陽が沈むと蟻は巣穴の中に入り、戸外活動(?)をしなくなります




昨日、日没の少し前

煎餅を小さく割って、あちこちに置いてみました




15分もすると、全ての煎餅が巣穴に持ち込まれそうになっています

巣穴より小さな煎餅は、巣穴の中

でも、巣穴より大きな煎餅は巣穴の入口を塞ぎ

そこに複数の蟻が集まって、巣穴にひっぱり込もうとしています




i-phone 撮




ひとつの巣穴の入口には、ひとつの煎餅のかけらしかありません

ちゃんと、ひとつひとつを別々の巣穴から入れようとしています

おおー、感動




夜も、更けました

彼等は日没後も残業して、煎餅を運び込もうとするのでしょうか




はい

していました、残業




i-phone 撮




彼等は普段、日没後は巣穴の中に入り

外で見ることは、あまりありません




でも、強い雨の後などは、巣穴に土が流れ込むのでしょう

日没後も巣の中の土を、せっせと運び出しています

でも、日没後の彼等は、動きがとても鈍くなります

嫌々、残業しているのでしょうか、笑




彼等を見ていると、色んなことに気づきます

彼等が生きている世界は、3次元より2次元に近い世界です

3次元にいる我々からは、彼等の行動が3次元で見えますが

彼等から、ニンゲンの暮らしは見えません




同様に、4次元から3次元は見え

3次元から4次元は見えない、と云われています




一方この世は、4次元という見方もあります

立体空間の3次元 + 時間 = 4次元




なのでよく、時空について想うのですが、未だによく判りません

が、現実に起こることは、この暮らしになってから明らかに変わりました




ひとがモノゴトを知りたがるのは、何故?

理由(わけ)を知りたいから




理由を知りたいのは、何故?

その出来事の、因果を知りたいから




因果を知りたいのは、何故?

真理を、知りたいから




真理を知りたいのは、何故?

自分を、信じられないから




自分を信じるとは?

宇宙の摂理を知ること

つまり、内なる自分を知ればいい




でもひとは、内なる自分を余りにも知らない

余計なことを、知り過ぎるから

余計なことを、持ち過ぎるから




蟻は、余計なことを知りたがらない

だから、彼等を見ていると

色んなことに気づくのです




さて、今朝も観察




朝露に濡れ小さくなった煎餅に、まだたくさんの蟻がたかり

巣穴の中に、引き込もうとしています

徹夜?




インラケチ ∞ ONE LOVE

----------------------------------------------------------------------

明日、5/31金 photo workshop @コロボックル

6/2日 出店 @勝沼朝市

6/4火 LIVE @freebar-d(ハングドラムのYoda くん出演)



  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 07:19Comments(0)