人気ブログランキングへ

2013年06月25日

國友悠一朗に想う




昨日早速、富士いのりのセレモニーの写真編集を開始

そんな中、悠ちゃんの写真を見ていてあることに気づきました




普通、ひとの写真を撮ると

作品として使える写真と、使えない写真の比率は

圧倒的に使えない写真が多いんです




一般のひとから見ると、どれもそれなりにいい写真なんだと思いますが

Chama♪が作品として「感じる写真」というのは、そのひとの気が感じられる写真なんですね




ところが彼の場合、殆どの写真が作品になってしまうんです

これの意味するところが、彼の特徴そのものなわけです




その特徴とは

彼をどの断面で切っても気が溢れ、安定していること

ここで云う安定とは、淀みなく流れている状態




だから、結果として

感じる写真が沢山撮れてしまうんです























































ちなみにこれらの写真、連写ではありません

一枚一枚、狙って抜いています

連写のように見えるのは、それくらいに彼の気が綺麗に流れている証拠




そして、彼がいつも口にする言葉

「いつもこころに太陽を!!」




ひとの特性もまた、宇宙のフラクタルだと思うんですが

例えば太陽のように、恒星の特質を持ったひとや

地球のような、惑星の特質を持ったひと

月のような、衛星の特質を持ったひと

はたまた、ダークマターの特質や、彗星の特質など




そして悠ちゃんは明らかに、太陽の特性

自らがエネルギーを外に向かい放出し、その重力で惑星を引き寄せる

そんなイメージ




では、ちゃまは何?

と想い色々調べていたら、放浪惑星という言葉を見つけました




でも、イメージがしっくり来ない

むしろイメージからすると、「旅をする月」でしょうか




ま、なんでもいーや

↑ いーんかい!笑




インラケチ ∞ ONE LOVE
---------------------------------------------------

6/26水 依頼撮影

6/28金 photo workshop @コロボックル

6/30日 つぐら市出店 @つぐら舎

7/2火 photo workshop @ちゃまさんち(食事撮り編)

7/2火 LIVE @freebar-d




  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 07:17Comments(0)