人気ブログランキングへ

2013年08月09日

放浪の旅 6日目 岡山




今日も病状日記から

昨日は頭痛にもさいなまれながら、岡山まで運転すること6時間

病状は、ゆるやかながらも悪化傾向です




とにかく話をするのにも口が痛いので、表に出る表情としては、無口、笑わない

ご飯を食べるのは、痛みが激しいため、ついおっくうになります

水を飲むのでさえも、激しい痛みからおっくうになります




それではいけないと判っているので水は結構飲んだのに、トイレに行きたくならないのです

途中の道の駅、然程尿意は無かったのだけれどトイレに行ってびっくり

身体の中では、この手足口病のウイルスとの激しい戦いが繰り広げられているようで

水分はそれにかなりつかわれているのだろうな、と思わざるを得ない状況でした




そんな中、奥出雲で延命水という湧き水の場所を通ります

ここで飲んだ水がとても美味しくて、痛みがとても少ないことがわかり、ペットボトルに入れてきました




汗ばんだ身体、天然石のブレスレットや、鹿の角のネックレスなど、その湧き水で浄化しました

そんなこんなで岡山の目的地にたどり着いたのは、もう18時をまわっていました

実は目的地を行き過ぎてそれで1時間くらいロスしたんだけれど、笑




たどり着いたときはかなり疲れ果てていて、今回色々段取りをつけてくださった知人と

実際に家を貸してくださるその知人の知人のご家族へのお礼もそこそこに、夜を迎えました




何時に寝たのか覚えていないのだけれど、9時くらいには眠りについたのだと思います

そして深夜2時、iphone が鳴って目が覚めました

静岡の大学に通い、寮生活をしている娘の恋雪からでした




ひとりで寮の部屋に居るのが恐くなって電話してきたらしく、色んな話を聞かせてくれました

彼女は自分ではまだはっきり自覚できていませんが、宇宙意識とのつながりが始まっています




まだ今回の人生では幼いため、恐れやノイズが残っていて

その繋がりを自覚できていないだけで、実は結構繋がっています




それは、音楽で生きる道を、そして今回の大学を自分で選んだときからもう、始まっています

そんな彼女の魂は古い魂で、様々な修練を重ねてきていて、成熟した今を迎えているようです




今回、親子となったことへの意味深さを感じます

13の月の暦で云うと、恋雪はちゃまの神秘キンにあたります

ちゃまはKin260黄色い宇宙の太陽、恋雪はKin121赤い自己存在の竜

ちなみに恋雪にとっての神秘キンは、ちゃまになります




宇宙意識のはからいで、繋がった親子です

年頃の娘なのに、いまだにとても仲良し




結局朝4時半、ちゃまのiphone の充電が切れるまで、話をしていました

俺は病人だっつーのに、ま、いっか




おかげで寝不足ではありますが、今日は岡山のご縁、ご好意でゆっくり過ごすことが出来ます

洗濯を済ませたら、また少し横になります

ありがたいことです




今回、長崎、熊本、大分、福岡で、いくつかの予定を入れていましたが

その全てをキャンセルすることにしました、ごめんなさい




そして今日は、長崎原爆記念日

母は当時3歳で被爆し、崩れた家の下敷きになっていました




父は予科練へ入隊し、零戦に乗っていました

お国のために、死ぬ覚悟でした

そんな中、長崎に原爆投下

爆心地から半径1km圏内のうち(実家)に暮らしていた一家は、全員死亡




死にに行った父が生き残り、一瞬で家族を亡くします

父、若干16歳の時の物語りです




原爆投下の11時02分、合掌、黙祷

岡山の蝉の鳴き声が、長崎の原爆の日とシンクロしていました

Facebook での呼びかけで、祈り合わせをしてくださったみなさま、ありがとうございました








お世話になっているところは、ちゃまのWiFi の電波が届きません

iphone も繋がるときと、繋がらないときがあります

そんなこんなで、連絡への対応が遅いことがあると思いますが、ご心配なく

あちこちとても痛いだけで、あとはとても元気に寝てます、笑




連絡の対応が遅いのはいつものことだろ!と云われそうですが、、、

そんな携帯しない携帯なんか捨ててしまえ!と云われたこともありますが、笑




感謝、合掌

インラケチ ∞ ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

病状のなりゆきに合わせで変更してゆきます  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 14:41Comments(0)