人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2013年08月13日

放浪の旅 10日目 香川・徳島





体調もすっかりよくなった昨日の夕方、ふと

「ペルセウス流星群を見に行こう!」と思いました

思っちゃったんだから、仕方ありません




最初は、2時間くらいで行ける中国山脈のどこかにしようと思ったんですが

その後に、「剣山」とちゃまの中の誰かがささやきました(誰や!笑)




剣山は、徳島県

ここ岡山の一番西からだと、5時間かかります

でも「剣山」と気づいてしまったので、これまた仕方ありません

中国地方と四国が一枚に入っているような縮尺の地図一枚をもって、18時頃でかけました




剣山のふもと町の道の駅についたのは既に、23時を回っていたと思います

それから、自販機で買ったミルクティを飲んだり、煙管を吹かしたりしていたら24時半

目覚ましを1時31分にかけて寝たんですが、目が覚めたら1時58分

友だちに「2時に起こして」と頼まれていたので、ギリギリセーフ




目覚ましも聴こえないで、寝ていたようです

ちなみに、目覚ましが聴こえなくて寝過ごした経験は過去にないような気がします




さて、流星が極大となる時間が3時でしたので、それから剣山を急ぎ目指します

そこから剣山までは、40km の道のり

結局2時半くらいまで山道を走り、真っ暗の山の中に車を停めました

周りには、星のあかり以外何もありません

すぐ脇を流れている川の音と、たまに啼く獣の声




少し恐いなぁと思いながら見上げた空は、天の川までもがはっきりと見えるほど

流れ星もすぐに見えました




珍しく写真を撮る気になったので、カメラの設定を工夫します

星の写真を撮るのは初めてだったのですが、設定もすぐに決まりました

ちなみに三脚をつかうのが嫌いなので、三脚レスで撮りました




さて、そんな中、空を眺めていていろんなことを想いました

そして暫くののち、そこに見たのは宇宙

宇宙意識との繋がりを感じました




3時半くらいまで、その場所にて

また剣山を目指し走り始めました

そして登山口に着いたのが、4時半




道の駅から登山口までの40km、その半分以上は車も離合できないくらいの狭い山道です

その間なんと、すれ違った車はたった1台です

普通なら、そんな真っ暗闇の狭い山道をひとりで走るのは恐いもの?

ちゃまは平気ですけど




でも宇宙(ソラ)を車から出て真っ暗闇で眺めていた時は、ちょっと恐かったなぁ

137億光年の彼方に宇宙の果てがあるんですが、それってどうなってんだろうなんて考えたり




また、闇があるから光が存在するということを、じみじみと感じました

太極図にあらわされる陰陽の関係がまさにそれですね

ちゃまの今の命題もそれだと、自分で知っています




と同時に、宇宙と繋がっているような感覚もあいまって

なんだか ”ゾワゾワ”していいました




そして、「何で剣山なんだろう」って

その時もまだ、ぼんやりと考えていました




そして今日、その答えを知ることになります

そのお話は、また後日




今は、瀬戸大橋のSA でこれを書いています

写真の編集がここではやりにくいので、今日の写真は昨夜ここ、瀬戸大橋で撮影したものです

これもハンディで撮影しています(三脚嫌い、めんどくさいから、笑)







今日はまた、岡山にもどります

また暫く、岡山で過ごします




今日までに走った県は

山梨、静岡、愛知、岐阜、滋賀、京都、大阪、兵庫、岡山

鳥取、島根、広島、岡山、香川、徳島、香川

走行距離は850km、大した距離じゃないけど充実しています




昔は長崎まで1日で1,250km 走っていました

急ぐって、よくないですね




ふわぁ〜

夕べ1時間と2時間、合計3時間しか寝ていないので少し眠いです

安全運転で帰りまーす




インラケチ ∞ ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

病状のなりゆきに合わせで変更してゆきます  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 17:01Comments(0)