人気ブログランキングへ

2013年08月15日

放浪の旅 12日目 岡山




岡山にたどりついて、早いもので一週間が経ちました

体調はもう普段どおりにもどったようです、感謝





昨日は、いちにちのんびりしている予定だったのですが

突然のお誘いがあり、大本タカシさんという方の

「ナウ・ヒア・チャンネルのセッション」を受けることになりました




タカシさんのセッションは、1日1件のみで

その予約は数ヶ月先までビッッシリなんだそうですが

その紹介頂いた方のご縁もあり、ポコンと入ることができました




そこにたどり着くまでには、いくつもの岐路があって

その岐路のひとつでも違う方に行けば、たどり着けていなかったかも知れません




というようなことは、普通考えると思うのですが

実は、そうではないんです




どこかで違う道に入ったとしても、何れまたそこにたどり着くんですね

たどり着くべきところにゆくための選択の機会は、執拗に何度も訪れます

そこにたどり着けるに決まっていると、それが宇宙の摂理だと、信じていればですが




道って、どっちにしろ繋がっているじゃないですか

なので、タイミングは昨日ではないにしろ、そのうち着くんですね

でもやっぱり、昨日たどり着けたことに感謝するんです




セッションの過程で、ESPカードをつかいます

タカシさんが、ちゃまのカードを当ててゆくのですが

そりゃぁもう、全部あたります

凄いですね




でもそれは「へぇ〜、そーなんだ」ってくらいに受けとめていいことです

その後がセッションですが、ある言葉がタカシさんを通じて自動書記でかかれます

内容を見ると、過去から現在までの自分が短い言葉で見事に現されていました




そして現在の課題、それはつまり未来へ向けた今ですが、それが書かれていました

多く書かれているわけではなくシンプルな内容ですが、そのシンプルが的を射ています

やられました(何が? 笑)




その中のキーワードが、これです

「感謝の意味と位置を知る」




それがひとを想い遣り、ひとの役に立つことへつながってゆくのだそうです

はい、恐れ入りました(だから何が? 笑)




感謝とお礼の違いを教えて頂きました

確かに両者の意味の違いを、見識の次元で理解していなかったですね




感謝とは、目の前に起こった事実のありがたさに気づくこと

お礼とは、感謝の気持ちを言葉や行動にすること




例えば、ありがとうと口にすることは、感謝ではなくお礼だということです

辞書を調べてみましたが、その中ではお礼も感謝に含まれて書かれていました

それはそれとして、上に書いた概念は、とてもたいせつなことでした、感謝




両者の違いをこういう風に理解しました

感謝は内なるもの

お礼は外に向かうもの




内なるものをきちんと受けとめること

つまり、こころに足す、こころに込めることが大事だということです、多分




今までも、それは時々できていたとは思いますよ

でも、足りていなかったと思います




そしてセッションのあと、色んな話をします

その中で不意に訪れました(またかよ、笑)




「茂生さん、鞍馬をご存知ですか?」

あ、参りました(だから何が? 笑)




教えて頂いたことは、既に自分の中に持っているメッセージです

しかし自分では、その全てを知るに至ってはいません

それが未熟さですが、その未熟さを補うものが

自分自身の学びの継続と、ひととのご縁だと思います




この気づきのご縁にまた、感謝

今日はいちにちのんびり過ごします、多分、笑




明日からは連日、予定がびっしりです

「たゆたいむ」開催、2回

Photo Workshop 開催


さをり体験
、神社参拝


そして、昨日書いた剣にまつわる「あるもの」の伝授、など




もともと予定していた後半の計画が、変わると思います

流れのままに参りますので、ご容赦頂ければ幸いです





この川は、昨日のブログに掲載した夜宇宙(ヨゾラ)の写真を撮った場所の真下です

こんなに美しい川が流れていたなんてね、翌日の帰り道で気づきました




もし翌日ここで車を止めなければ、気づくことはありませんでした

人生の中にも、こういうことってよくありますよね




先を急ぐばかりじゃ駄目なんですね

ゆるやかに、ゆきましょう




あ、ひとつ忘れていました

タカシさんのセッションを受けたのは

昨日のちゃまが、7219人目でした




また来ました、19、ちゃまの数字です

7219は、なにいく、何行く?ですね





そう、行く場所は鞍馬山でした

降参です(だから何が? 笑)




インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます


  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 16:20Comments(0)