人気ブログランキングへ

2013年09月04日

光の値





昨日は、久々のフリバ The Wild

ちゃま企画のLIVE DAY でした




予想を超えたお客さまの数でしたが、大切なのは数の論理ではありません

昨日集まってくれた方々には、とても意味があったような気がします




数の論理、これは選挙的な視点から見た社会構造も同じです

Aさんの得票数、20万票

Bさんの得票数、10万票だったとします




勝ち負けで考えると、Aさんの圧勝ですね

これは選挙の仕組みから来る、一般の認識です




そもそも測るという行為は、目に見えるようにするためのものです

社会の仕組みとつくるために、測るという行為が必要になってきたのだと思います




でも本来大切なことは

見ることではなく、感じることです

エネルギーは目には見えませんが、感じることは出来ます




ちゃまは写真家として、お仕事を頂いていますが

ちゃまの写真がいいと云ってくれるひとは

そこに何かを感じているからです




ちゃまは、そこに見たものを撮りません

そこに、感じたものを撮ります




詳しいことは、Chama's Photo Workshop を受けてね

おかげさまで、これまでに参加してくれた方の数は、125名になりました

ご要望がある限り、地道に続けてゆきます




話は、選挙にもどります

数の論理ではない、というお話です




Aさんの内なる光のエネルギーが1で、Bさんのは100だったとすると

Aさんは、1光 x 20万 = 20万光

Bさんは、100光 x 10万 = 1000万光

となり、逆転します




光のエネルギーの差は、得票数の差より顕著なものなので

だいたいこれくらいの逆転現象になる、と思っています




ちゃまは、前回の選挙結果をそのように受けとめています

悲観することはありません




世の中を変えるのは、政治ではありません

個々の光のエネルギーの総和、で変わるのです




ちゃまは、その光を生み出すのが生業です

それが、ヒーラーです




ひとは本来、輝くエネルギーに満ち溢れています

この社会のノイズで曇っているだけ

ゆるめ、もどることで、光る存在にもどります




こんなお話を、セミナー「豊かな人生論・たゆたいむ」の中で、4時間かけてしてゆきます

みなさんの気づきの種を、植えてゆきます




また、ヒーリングワークでは

身体と意識(魂)を、ダイレクトにゆるめます




どうぞ、ちゃまを使ってください

それでご飯食べてるからね、よろしくね




光と云えば、この男でしょう

國友悠一朗、悠ちゃん





インラケチ & ONE LOVE

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 12:50Comments(0)