人気ブログランキングへ

2013年10月18日

写真家への道





昔、mixi のフォトアルバムのページに

「写真家への道」という名前のフォルダを、つくりました

2年半前の話です




当時、デジタル一眼レフを買って、写真を撮り始めた頃

洒落のつもりで、そんなタイトルをつけたんですが

1年もたたないうちに、本当にプロになっていました




このときに感じたこと、それは「求めなくても、自然に訪れるものがあるんだ」でした

それともうひとつは、「口にしたり、文字にしたりすることが持つパワー」を感じました




それが例え冗談であっても、口から出た言葉はそれに向かって走り始める特性があります

だから、口にする言葉には気を配ります




自分にとって、写真家としての道の大きな転機になったのが

桑名晴子さんのCD「アカナイ」のジャケットに、ちゃまの写真をつかって頂いたことでした




晴子さんから、その話をもらったのは

ちゃまが出雲大社を参拝しているとき、大国主命の像の前でした

そしてそのとき晴子さんは、厳島神社にいました

その流れもまた、面白い感じがしますね




そして昨日、晴子さんとのご縁からお友達になった

岡野弘幹さんと、悠ちゃんこと国友悠一朗




この夏、一緒に出雲のご神事にゆくことになり

そこで撮影した写真の半分を、昨日やっと編集し

Facebook に、一気に投稿しました




投稿から、まだ24時間経過していませんが

その写真に押して頂いた「いいね」の数

合計で、およそ900件




そのご神事で知り合った、元ブルーハーツのドラマー、梶原さんからは

その写真をイベントのフライヤーに使わせて貰いたいとの、ご連絡を頂きました




岡野さんからも、またまた大変なお褒めを頂きましたし

今回も写真を使いたい、とのご連絡も頂きました




そして、悠ちゃんからは今時点コメントは無いけれど(全国飛び回って、忙しいからね)

写真を見て、また喜んでくれている姿が目に浮かぶようです




このような古い魂の方々に、ちゃまの写真を感じてもらえるのは

ほんとうに、嬉しいことです




ちゃまは今、ヒーラーとしての道を歩んでいますが

写真もまた、ヒーラーとしての一部に過ぎません

ミュージシャンとしてのちゃまも、ヒーラーの一部




全ては、「癒しからの調和、平和」への道につながりゆきます




ヒーリングワークを仕事として始めた、9/6 から昨日まで

ちゃまさんちへお客さまが来なかった日は、いちにちしかありません




これも、ヒーラーとして生きると宣言してから

明らかに変わった流れ、不思議なものです




そして明日は、長野の素晴らしいヒーラー(ソウルクリエイター)にお誘い頂き

その方のの企画に、LIVE と対談という形で、ゲスト出演させて頂きます

不思議なご縁が、巡り続けます




では、昨日のFacebook で掲載した写真を、一挙公開

夏、出雲、鰐淵寺奉納にて

























































































































祈りある暮らしに、感謝、合掌

インラケチ & ONE LOVE

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 09:41Comments(0)