人気ブログランキングへ

2015年03月07日

羅網






(昨日の続きから)




そして、そのようなひととして淀みなく大地に立った姿が

鞍馬で説かれる「大光明」そのものであると感じています




鞍馬寺の金堂には

羅網(ラモウ)と呼ばれる、天の屏風のようなものがあります




金の宝珠を金の鎖で繋いだような網の目で出来ていて

それが何面にも重なっているもので、これは

点と点が線を成し

線と線が面を成し

面と面が空を成す

そんな世界観




このような世界のことを、重重無尽と云いますが

要は、全ては係わり合っていることの悟りの世界です




Oneness とか、One Love とかと同じね




この世界を感じれば、周りで起こる出来事は

自分の意識の反射であることも、自然に腑に落ちて来ます






写真はネットより借用した一般的な羅網の画像(鞍馬金堂内は撮影禁止につき)

鞍馬金堂はもっと壮大な羅網で、太陽と月と地球を象りも飾られています




(明日へ続く)




3/4 北杜市へ
3/6 東京へ
3/8-9 南プスへ
3/10 来客
3/11 お泊まり来客
3/13-16 京都へ
3/17 北杜市へ
3/21-22 日本式霊氣療法伝授
3/22 LIVE @ナチュラリア(甲府)w/伊藤礼(シタール)
3/23 甲府へ
3/31 photo ws @ニコサンカフェ
4/4 ソラヲト企画LIVE
4/18-19 京都へ
4/26 フリバ5周年記念Party
5/10-16? レコーディング @長野
5/21くらいから 大菩薩の風展
5/30-31 遊民谷(群馬)
7/中旬 長崎
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 03:07Comments(0)