人気ブログランキングへ

2017年05月06日

巡礼記-6


最初の数日間

ゴミを拾いながら歩いていた




腰に大きめの袋をぶら下げて

道に落ちているゴミを拾いながら歩いた




びっくりするくらいたくさんのゴミ

あっと言う間に腰に下げた袋は満杯




痛めた足で長距離を歩くには

かなり堪える重さになる




ゴミを拾っていたある日の日暮れ

いつもそこをウォーキングしてる風の夫婦とすれ違った




この人たちはいつもここを歩いていて

このゴミが氣にならないのだろうか

なんで拾わないんだろう



そう思った自分に氣がついた時

ゴミを拾うのは今はやめておこうと思えた




自分がたまたま数日間ゴミ拾いしているというだけで

拾わない人を責める氣持ちが生まれてしまった




これは本末転倒だろう

しかも痛む足への負荷がかなりある




俺は兎に角何日かかってもいいから

長崎の平和公園にたどり着きたい

それでいい




たどり着けなくてもいい

でももう少し只歩くことだけに

まっすぐに向き合い続けられれば

それだけでいい



そう思えたんだねえ

だからゴミ拾いはそこでやめました




しかしゴミの多さに改めて驚くし

ゴミを捨てる人がこんなにいるのかってことにも驚く




空き缶、ペットボトル、タバコの空き箱が一番多い

中身が入ったペットポトルがかなりあるのには驚く




拾って飲もうかと本氣で思ったがやめた

小袋に入ったチョコが落ちてたので拾って食べた




何故かエロ本やエロDVDも結構落ちてる(拾わなかった)

コンドームとかもあった(使わなかった)




あ、ここ笑うとこね




捨てる人がいるから

拾う人もいる




捨てるひとを非難するのは簡単だが

それより拾うひとになればいい




捨てないのは当たり前だと思うけど

拾うのは当たり前ではない社会




ならば

拾うことが当たり前の社会にすればいい

そのひとりになればいい




これからも

拾える時には、出来るだけ拾おう

無理のない範囲で構わないから




あ、そう言えばお金も落ちてた

10円玉と1円玉を1枚づつ拾ったよ




拾ったゴミを捨てて下さったみなさん

捨てさせてくださったみなさん

どうもありがとうございました




つづく






  
タグ :巡礼

Posted by 放浪太郎 at 10:30Comments(0)