人気ブログランキングへ

2011年09月16日

海を放浪する理由(わけ)

兎に角、海の側に居たかったのだ。

海からいっときも離れたく無かったのだ。






































やんちゃな少年だった頃、海が自然の偉大さを俺のカラダに叩きこんでくれた。

台風に舞う木の葉のように、俺は台風の海でモミクシャになりながら舞っていた。

海で何度も血だらけになった。














































人間のちっぽけさ、無力さ、命の脆さ、そんなものを海で学んだ。

そしてその分、命を身近に感じ、自然に対する畏れを知った。

それが俺の豊かさに対する価値観の根っこになった。

ブレることの無い俺はその根に支えられている。













■■■  お楽しみ頂けましたら、左上のランキングボタンをポチッっとお願いいたしまーす ■■■



Posted by 放浪太郎 at 08:03│Comments(4)
この記事へのコメント
人間のちっぽけさ、
という文章の一歩手前の写真に強く心が惹かれます

私も子供のころに海を怖いと思いました
なぜそう思ったかというと、北名城ビーチって誰も来ない場所に
家族で行って、父の背中におとなしくつかまって
ゆっくりと向こう側の島へ渡してもらいました

そのとき、島へ行く調度中間地点で
そっと水の下を見たら
とんでもなく深いような気がしました
父の背中だけが頼りでした
一人でここから戻りなさいと言われたら
私は死んでしまうと考えていました

40年近く前のこと
突然思い出したなぁ
Posted by アンリ at 2011年09月16日 21:03
お疲れ様です^^

自分は 最後の写真が印象的ですね。。。
ポツンと取り残されたボードに
なんとも表現のしようの無い感覚を覚えます・・・

考えさせられる写真となりました。。。
Posted by take! at 2011年09月16日 22:43
■ アンリ

ありがとう。

その話を聞いて見るその写真。
撮った自分ですら違う絵に見えるから不思議なもんだ。

俺は子供の頃海のとても深い場所を泳いでいて、底に吸い込まれそうな恐怖を感じたことが何度もあるよ。
今でもそれは感じるけどね。
見えないものに自分の恐怖を写し込んで更に怖くなる、そんな連鎖。
人間って複雑で単純。(笑)
Posted by 放浪太郎放浪太郎 at 2011年09月17日 04:05
■ take!さん

いつもありがとうございます。

最後の写真は、語りかける絵ですよね。

ひとそれぞれ想うことは違うでしょうが、時間を止めてくれる、そんな気がします。
Posted by 放浪太郎放浪太郎 at 2011年09月17日 04:06
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。