人気ブログランキングへ

2012年09月26日

子育て

いちおう俺も親という立場にはある

でも、子どもを育ててやろうと思ったことはない

子は育つし、子は子の人生だ

親の務めは、見守り、そして優しく背中を押してあげることと

自分の人生を目の当たりに見せてやることくらいだろう




そんな中、娘の恋雪(コユキ)は今度大学生になるらしい

殆ど会話もしない日常だけれど、繋がりは広く、深く、優しい

お互いにお互いを認め、信頼している




この前、ほんの少し深い話をしてみたけれど

それをキチンと受け止め、感じ、やっている

「へぇ〜、大したもんだなぁ、いいひとになったなぁ、ありがとう」

恋雪に思わずそうつぶやいた

今までも心配したことはないし、コレからも心配しない




そんな俺が云う子育て論が正しいのかどうか

その賛否はどちらでも良いのだけれど

俺の想いを言葉にする機会を貰った

親しい仲間の子育ての悩みが、その導きとなった




ここに転記させて貰います

--------------------------------------------------------------------------------

いい話しをありがとう 俺の見解を云うよ それは「どちらを選んでもいい」だ ^^



大切なのは、XX ちゃんがどちらを選択したか、つまり結果ではなく、どちらを選択すべきかを真剣に考えたという、そのプロセスにある ひとは結果でモノゴトを判断するクセがあるけれど、実は結果は大した問題ではないんだ 人生とは、一瞬一瞬のコマ送りの映像の積み重ねであり、そのひとこまに注がれた「想いの流れ」が人生をつくる だから、人生はどのようにも創ることが出来る



一方で、子どもは気づかされることは身につけず、自分が気づいたことだけで育つ 親が何かをしてあげたなどと思うのは、それは親の勝手な想い込み、勘違い 子どもは常に、自分の気づきで成長しているんだ 今気づかないということは、まだ気づく時では無いということであり、気づくべき時が来れば気づく その時までは気づかない それでいい それでいいと思える親が側に居てくれれば、子どもは安心する その安心が子ども自身の多くの気づきを育む 逆に、親の勝手な期待、要求、それは子どもにとってよかれと思ってやっているのだけれど、その想い込みが子どもを縛り、子どもの気づき、つまり成長する力を枯らしてしまう



全ては「想い」の中にあり、それはプロセスに在る 結果ではない XXちゃんの子育てを見ていて、いつも関心していた それはXXちゃんの子育ての形ではなく、そこに在ったXXちゃんの子育てに対する想いを俺は感じ、関心していたと思う そしてそれは今、「次のステップへ深まって行くその時が来ました」と、XXちゃん自身がみんなに語りかけた 俺はそう感じたよ そしてそれは俺にとってもいい気づきを与えてくれた ほら お互いの想いが、自然に巡ったよね これがホンモノの巡りだよ



ありがとう ^^

--------------------------------------------------------------------------------


俺の素敵な仲間達

おかあさんがいっぱい(笑



注)お母さんでないひとも混じっています、あしからず(笑














日記、楽しんで頂けましたら
上の ブログランキングボタンと下のふたつのボタン を  ポチッ! とよろしくね ^^



~~~ フリバ The Wild 営業予定 ~~~
http://www.nav-i.com/?page_id=378

火曜と木曜日の夜18:00~24:00営業中です
月、水、金、土、日曜でも
3名様以上のご予約を頂ける場合は営業いたします
お気軽にご相談ください

気軽に遊びに来てね^^
いつでもChama♪ライヴやるよん♪



~~~ Chama-works では写真撮影を承ります ~~~
http://www.nav-i.com/?page_id=2

<基本料金>
■ 2時間 ¥30,000
■ 4時間 ¥50,000
■ 交通費別途請求
または
■ A4_1枚 ¥4,000 × 2枚 = ¥8,000 より
■ A3_1枚 ¥8,000 より
■ 交通費別途請求

他各種サービスありますので
詳しくは、Chama♪ までお問い合わせください



~~~ Chama-works では名刺やフライヤーデザインも承ります ~~~

<基本料金>
■ デザイン料 片面¥5,000 両面¥8,000
■ 印刷は実費にて(目安:コート紙180kg 200枚 フルカラー印刷  ¥3,000 )



NAVi your life ^^

http://www.nav-i.com/
  
Posted by 放浪太郎 at 09:23Comments(4)