人気ブログランキングへ

2015年01月31日

長崎へ





(facebook からの転記です)



2/5、また長崎に帰省しまーす




今年の夏、長崎で開催しようとしている平和祈念セレモニーを企画するにあたり、ブリックホールの館長さんにお逢い出来ることになったんで

ここでの話がいい感じに流れれば、2,000名規模のセレモニーの企画の全貌が、ようやくオープンになります

話が前に進まねば、今はやる流れにはない、ということなんやなと思います




波乗りと同じで、いい波に乗ると物凄い加速をするし、無理に乗ろうとすると疲れた挙句に怪我をする

でも、そんなあがきや怪我も悪いこっちゃない




俺も24年間、ビジネスの戦場のど真ん中を先頭切って走り、あがき、大怪我をし、深い学びを得たわけやし

だからこそ、あがくことなく生きられる今に在るんやろな




いつでもどこでもあがけるからこそ、あがかんで居られるんやろなて思う

ま、そんな中、いつ、どんなルートで、どんな手段で帰省しよかなってのが、未だに決まっとらんとですよ、笑




こーゆうのって放浪の旅と同じで、突然何かがふと、来るんよね

そしてやっと昨夜から今朝にかけて来ましたよ、その流れの大元が




あとは自然と整ってくので

ま、そんな感じで〜




今回は久々のバスツアーになりそな氣がします

乗り継ぎルートは、山梨、京都、博多、2/5-6長崎、博多、2/8-9岡山、2/13大阪、山梨にしよかなって思ってます




日付けがないところは未定

もし何かピンと来る方は、氣軽にご連絡下さい

時間作れるかもしれないので




岡山大阪間がなんかあるんやろな

泊まるとこも無いのに時間は空いとるし

ま、なんとかなるやろ




さてと、諸々の準備を進めないとマズイ感じがして来たぞ

行く前にやんなきゃなんないことが、結構あるような氣がして来たぞ

時間はそんなにないぞ




でも、ま

出来る分だけやろ、笑




みなさまも佳きいち日を〜




写真はお馴染みの龍雲

成田で撮影








  
Posted by 放浪太郎 at 01:31Comments(0)

2015年01月30日

左脳オバケ




(facebook に掲載したものの転記です)




責任とか、権利とか、義務とか

あぁ、なんて息苦しい言葉やろな




左脳オバケが出とる時の言葉や




そんなん

どーだっていーやん




自分が本当に

やりたいのか

やりたくないのか




それが自分の道なのか

そんだけで十分やんか




自分の道は

自分が決め

自分で歩む




当たり前のことやんな




何事にも囚われることなく

動じることもなく

歩め歩め




でも本当は

決めて歩むんじゃないんよな




歩んでみたのが自分の道

ってだけなんやけどな




そんなひとは

ひとにとやかく云うこともなく

ただ穏やかに眺めとるやろ




ひとも自分も穏やかに

ただ眺めとるやろ




今日も佳きいち日を





  
Posted by 放浪太郎 at 01:30Comments(0)

2015年01月29日

自分らしく




(facebookに掲載したものの転記です)



例えばね




バチカンとイルミナティの対立の映画とかあるよね

陰謀論もたくさん目にするけどさ




まぁ、現実にそんな風なことが

世界で起こっているんだろうなとも思うよ




ここでどちらが正しいのかと問えば

そこに生まれるのは善と悪だよね




んで

私が正しい!

いや、私の方が正しい!




ってなって

対立が生まれるやろ




そりゃまぁ、戦争やな

抗う意識は戦争と同じ




反対なんかすんなよ




あなたには

何のカンケーもないでしょ




あなたが

あなたらしく

生きることと

周りで起こっていることと

何もカンケーないでしょ




あなたが

あなたらしく

生きられないとすれば




それは




あなたが

本氣であなたらしく

生きようとしてないだけ




どちらが正しいか問う癖は

もうそろそろ治しませんかね




まずは

自分らしく生きることを

よく見つめて見ませんかね




調和なんてのは

本来目指すよなもんじゃないんだよ




ひとがひととして自立すれば

起こる結果に過ぎん




そしてちゃまの中には

暗い未来は見えてこない




目の前の現実には

まだまだ暗いこと、重たいこと

たくさんやけど




それでも先には

調和の姿しか見えて来んのよ

何故かは知らんけど




今日も俺は

俺の役目とお志事を

楽しむいちにち




自分らしく生きるってことは

自分らしく死ぬってことやろ




死ねんかったら

生きられんよの




生がよくて

死が悪いんちゃうやろ




ただどっちも在るもんよ

そんだけのことやんか




死を見ないと生を感じられん

それは

悪を作らんと善を感じられんのと同じ




今、自分らしく在ることは

生も死も

善も悪も

無くしてしまうよ

あなたの中から




あ〜

布団から出たくないなぁ




寒いなぁ

あったかい布団の中の今を生きよう、笑








photo by Minako

虹を撮るちゃまを撮る、笑




旅の宮崎

夏の浜辺にて



  
Posted by 放浪太郎 at 01:29Comments(0)

2015年01月28日

言刃





昨日の続きから




それは囚われを手放すこと




どうやって手放すのか

それは、自分の深いところにある恐れを見つめ

よーく知ってあげること




恐れは色んな形に化け、現れます

焦り、怒り、妬み、暴力、差別、自己犠牲を伴う愛らしき行為、恩着せがましい行為、など様々に




それらの共通点は、自分から目を背けることにあります

そして、そんな自分は自分に無視されているようなものですから深く傷ついてゆき

自分にも目を向けてあげない、閉じるサイクルに陥ります




そんな自分に陥ると、ある言葉が現れてきます

・・・すべき

・・・ねばならない

必ず・・・

絶対に・・・

・・・したのに




これらの言刃の先には、外への囚われがあり

内なる自分を見つめてあげる、隙間が見えません




風は、隙間に吹きます

光は、隙間に射し込みます




囚われという鎧を身にまとい、重くて動けない上に

自らが発する光を、放射することもできない

そんな状態のようです




閉じるサイクルは、外に目を向けて開くのではないですよ

自分の内側に目を向けて、自分の岩戸を開くのですよ




周りのこと、あんまり氣にしないでさ

もっとさ、楽に生きていーんじゃね?




それが、自分らしいってことでさ

自分の嫌な部分もすぐに見えてくるから、判り易くていーんじゃないの? 笑







うちの土間の台所にて

氣楽この上ない、ワタクシ、笑




明日に続く




2/5前後 長崎への旅
2/20 LIVE 茨城県取手
2/21 LIVE 千葉県市川
2/22 LIVE 千葉県松戸

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 14:25Comments(0)

2015年01月27日

カミヒカリ




昨日の続きから




すぐには、その答えは来ませんでした

が、あるとき不意に来た答えが「開き」でした




この答えが想い込みではないのか、自分に「ほんとう?」って問いかけます

答えは「ほんとう」です




開きの数霊は、81

これは、九方陣(数の曼荼羅みたいなもの)の中心列の一番上の数字




日本の数字でもありますし、それ以外に81は

天神、人間、先祖、胎児、未来、清め、振動、感動

そして光、などを意味する数霊です




そしてその列の一番下の数字は、1

分けることができない One、ですね




この方陣には、1〜81の数字がありますから

始めと終わりの位置が上下を閉じています

エネルギー的には、ぐるっと回って開くのですが




そしてその中心にあるのが、41

カミです




カミは、火水でもあり、神でもあります

カミヒカリの柱が立つわけですね




昨年リリースしたCD や、写真個展のテーマはここにありました

火水光(カミヒカリ)




そして、うちの古民家ちゃまさんちは

大和の日影地区ということろにあります




大和は、大いなる和み

つまり、大調和




そして日と影は、陰陽

たまたま見つかったこの家は、調和とのご縁があるようです




そして番地は、41

もう充分です。。。って感じです、笑




話は戻ります

何を開くのか? ですが




それは、ヒトの意識です




どのようにして開くのか

それは囚われを手放すこと




どうやって手放すのか

それは、自分の深いところにある恐れを見つめ

よーく知ってあげることです







ちゃまがiphone で描いた絵

見つめています




明日に続く




1/27 来客
2/5前後 長崎への旅
2/20 LIVE 茨城県取手
2/21 LIVE 千葉県市川
2/22 LIVE 千葉県松戸
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 12:00Comments(0)

2015年01月26日

急げ?




前回からの続き




そして、数日前に強制的に伝えられたメッセージ

それは「急げ」でした




それは珍しく、急いでやったお志事の中に現れました

名刺の制作のお志事を頂いて、それをやったのです




その名刺の中にe-mail アドレスを掲載し、そのドメインは yahoo

名刺デザインが完成し、その場でその内容を依頼主の方に確認して貰いOKを頂きました




そして入稿の際に、そのデータが突然壊れ入稿できなくなりました

原因は不明です




ショックを受けながらも、再度制作し内容の確認を今度は自分だけでして

(依頼主の方もその場に居たのですが、大丈夫だろうと想い)




そして数日後に届いた100枚の名刺に印刷されていたドメインは

yahoo ではなく、hayoo




お詫びして再度制作発注をしているのですが、あの日のように捗りません

そんな時、なんで間違えたんだろうなって問いかけを持ってみました




hayoo は、はよう

長崎弁で急ぐことを、「はようせんば」などと云います




単なる語呂合わせですが、これをメッセージと受けとめる自分がありました

今までの数々のミラクル経験から、想い込みなのかメッセージなのか

自分なりの、直感的判断の閃きがあります




そこで「え、何を急ぐの?」と問いかけてみました

問いかける相手は、自分自身




声はいつも、自分の内側から聴こえてきます

自分を眺めているもうひとりの自分がいる、そんな感覚をいつも持っています




すぐには、その答えは来ませんでした

が、あるとき不意に来た答えが「開き」でした







蓮は、数霊では39 (写真は昨年夏、岡山のお寺にて撮影)




京都の鞍馬寺で行なわれる、五月満月祭(ウエサク祭)

鞍馬寺は、毘沙門天(太陽の光)、護法魔王尊(大地の力)、千手観音菩薩(月の慈悲)の三位一体にて

尊天(宇宙意識、羅網)へと繋がります




そして護法魔王尊は、サナトクマーラと云われています

そしてサナトクマーラは、650年前に金星から地球に降り立ったと云われています

(え〜???って思いますが、笑)




その魔王尊の霊力により、地球と月を結ぶウエサク祭

ウエサクは、上39




39(蓮)の上におわしますは、月の慈悲の象徴

千手観音菩薩ですね




明日に続く




1/25 高尾山修験
1/27 来客
2/5前後 長崎への旅
2/20 LIVE 茨城県取手
2/21 LIVE 千葉県市川
2/22 LIVE 千葉県松戸
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 14:52Comments(0)

2015年01月24日

STELLA





年初に思うところは、Facebook に掲載しましたけれど

今一度昨年を眺めてみて、今年を想ってみましょう






1年のうちの4ヶ月は旅をしていました




色んなお志事を全国で頂き

響き合うことが出来ました




響きの数霊は、110

上昇スパイラルに乗った、軽やかな流れだそうな




110、ヒトとも読めますね

ヒトとヒトとは、宇宙の摂理として響き合います



ヒトが響き合う

110 x 110 = 12100




121の数霊マントラは

バランス整い和陸かな、銀河の神ぞ守り給え




121の数霊は

和陸、銀河系、バランス、自在、などの意味があります




そして今、手元に届いている言葉のひとつ、STELLA(恒星)

この言葉は、一昨日現れました




それは、スカイブルーのステラという車のナンバーにあった

19 - 41 と共に




このナンバーそのものに

ちゃまにとっての意味深いものがあります




その車に出逢って、数時間後

あれはなんだったんだろな〜、って思っていたその時

また、スカイブルーのステラが対向車線を通り過ぎました




そのナンバーは、609

これは、確実に何かのメッセージだと思いました




そしてふと、STELLA の数霊が氣にかかり調べたら、69

すれ違ったナンバーとシンクロ




また69は陰陽調和(陰陽太極図)であり、ちゃま自身の数でもあり

ま、そーゆーことなんやろなと受け取りました




おまけにですが、ステラはスバルの車です

スバルはプレアデスであり、ここにも意味深いものを感じたのでした




きっとこれから、STELLA がひとつのキーワードとなって

次の開きと結びが起こる、そんな氣がしています




明日に続く







うちの神棚の間の、龍に乗る菊理媛と、茂ちゃんの点描画「浄化」

このふたつのシンクロには、とても深い意味が秘められていました




1/25 高尾山修験
2/5前後 長崎への旅
2/20 LIVE 茨城県取手
2/21 LIVE 千葉県市川
2/22 LIVE 千葉県松戸
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 12:13Comments(0)

2015年01月23日

再開





いろいろと迷いありまして、ブログを中断していましたが

また始めます、「開き」ます

ひふみ(1/23)の今日




最初に、話しておきたいことがあります

それは昨今云われている、所謂スピリチュアルという世界です

ちゃまはその世界に、違和感を持っています




ニンゲンとは、肉体、魂というふたつのエネルギー体を

スピリット(精神)が串刺しにしたような、集合体だと観ています




スピリットが串刺しにするとはどういうことかと云うと、それは

祈りと感謝に肝が座っている状態、だと思います




天へ向かい祈り、地に向かい感謝することで

双方の扉が開き、串刺しに成ります




所謂スピ系の方々は天を仰ぐのは好きですが、そこに自我(エゴ)があったり

祈りの意識(エネルギー)と、グラウンディング(感謝)のエネルギーのバランスがとれておらず

祈り過大 > 感謝希薄となっており、そのためにエネルギーの循環がうまくゆかず

結果苦しんでいる多くのひとを、数々のヒーリング施術体験から知りました




囚われや執着が、そのエネルギー(意識)の流れの淀みとなり

血流やリンパの流れが滞るがごとく、意識(エネルギー)の流れを詰まらせている

そんな状態に見えます




上のゲート(祈り側)は、実は簡単に開きます

囚われや執着が手放せれば、下のゲート(感謝)も自ずと開き

下のゲートが開けば、上のゲートも自ずと開きます




ニンゲンには肉体(エゴ=自我)があるので、様々なノイズの影響を受けやすく成っています

しかしそのノイズにフォーカスする自分が、そのノイズを自らに反射しているように見えます




ちゃまが信頼する方々に共通することは

祈りと感謝のバランスがとれていて、囚われや執着がないことです




その中には、所謂スピリチュアルのカテゴリーのひとも少数ながら居ますが

しっかりと地に足が「突いて」います




言葉でモノゴトを括り区別することに、そもそも囚われが生まれるので

上述したスピリチュアル違和感論にも、若干の問題はありますが

一度カナヅチでぶっ叩いて、表面的な囚われをぶっ壊しておいてもいいかな

と、思った次第




今日からの投稿は、所謂スピリチュアルな内容が増えるかも知れませんが

その足下をしっかりしておきたかったので、書かせて貰いました




ちゃまは、スピリットを大事にして生きています

それは森羅万象の中に、Great Spirit を感じるからです




久々、大仰な内容を書いてみた

あー、スカッとした、笑






開くという字

門をくぐったそこにあるものは、鳥居ですね




明日からは、そんな「開く」話をします

a i e i a




1/23 外出
1/25 高尾山修験
2/5前後 長崎への旅
2/20 LIVE 茨城県取手
2/21 LIVE 千葉県市川
2/22 LIVE 千葉県松戸

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 10:04Comments(0)