人気ブログランキングへ

2013年08月31日

ヒーリングセッションのご案内





先日来、お話してきたヒーリングセッションの正式なご案内です

完全予約制にて9/6より、OPEN いたします




<フルセッション>

1.未来リーディング(レイキ、神様カード)

2.対話

3.基本ヒーリング(レイキ、龍氣)

4.過去から現在のリーディング(龍氣)

5.対話

6.クライアント様に合わせたヒーリング(レイキ、龍氣)

7.お言葉、進呈

・ 所要時間、1〜3時間(クライアント様により変わります)

・ 完全予約制(1日1件のみ)

・ 施術代、9,600円




<パートセッション>

1.未来リーディング(レイキ、神様カード)

2.対話

3.クライアント様に合わせたヒーリング(レイキ)

・ 所要時間、30分

・ 完全予約制

・ 施術代、1,900円




<その他>

・ 施術師の資格:日本式霊気療法七代目伝師、レイキヒーラー(初伝Ⅰ、初伝Ⅱ、奥伝)、龍氣ヒーラー(初伝、中伝、奥伝)、修了

・ 山梨県内外の出張対応もいたします(場所、出張費等については、ご相談)

・ ボディーワークはおこないません(ボディーワークは、湖雪先生のリラクゼーション「ふわふわ」をご利用ください)

・ 日本式霊気療法伝授(アチューメント)いたします(初伝Ⅰ 30,000円、初伝Ⅱ 40,000円、奥伝 50,000円)

・ 日本式霊気療法伝師(ティーチャー)伝授いたします(全伝、150,000円)

・ 龍氣ヒーリング(リィーディング&ヒーリング)伝授(ご紹介)いたします(初伝〜中伝〜奥伝、100,000円)

・ 豊かな人生論セミナー「たゆたいむ」を全国で開催中、4時間、1,900円

・ 宗教とは一切関係ありません




お役に立てれば、幸いです

感謝、合掌







インラケチ & ONE LOVE



  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 10:02Comments(0)

2013年08月30日

悲しみよ さようなら




いちにち、いちにちと

深まる秋を感じます




夏の旅をふりかえってみては

今を感じています




過去をふりかえるのではなく

今を感じているのですね




訪れる今の中にはいつも

幸せがあります




それが辛い出来事の過去で紡がれた今だから

辛い過去に感謝が訪れます




そんなことを書いていたら

朝陽が目の前に訪れました




あの日の辛い決断の朝も

こんなだったような気がします




悲しみよさようなら

ありがとう







インラケチ & ONE LOVE

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 06:08Comments(0)

2013年08月29日

訪れるもの





今日開いた時の、ブログアクセス件数

Total: 137777




美しいですね

それだけなんですけれど、笑




昨日、一昨日とヒーリングセッションの話をしました

その脈流となっているのは、レイキと龍氣ですが

それに、ちゃま独自の手法をとりいれました




それは旅の中で何気なく気づいたもので、まさに自己流ですが

それに感じるものがあったので、とりいれることにしました




ところがそれは、既にある手法として使われていたものだということを

今日うちに来ていたひとの話の中で、偶然知りました




こういう流れは、とてもありがたいものになります

教わったこを只右から左にやるのには、どこか自信がなかったりしますよね

ヒーリングとかリーディングの世界は、目には見えないものがたくさんありますからね




しかし今回のように、自分が直感で閃き感じ、やると決めたものごとの説明が

後追いでふと目の前に訪れると、これが信じる力につながってゆきます




ちゃまはこのようなことを、この数年で数多く経験しました

このとき一番大切なことは、そういう出来事が起こることを期待しないことです




求めた先に求めたものが来た場合、それがホンモノではない場合があります

それは自分の想い込みがつくりあげた、虚像である場合が多いということです




そういう場合、一時的にそのことの満足感を感じますが

ホンモノでない場合は、その満足感はすぐに消え、虚無感がそこにのこります




または、満足感の想い込みが継続していても

そのことがひとの笑顔や、次への巡りにつながらない場合は

その出来事は、ホンモノでないということだと思うのです




これはあくまでちゃまの理解で、強要するものでもありません

しかし経験から、おそらく間違ってはいないだろうと思っています




もしそれがホンモノでなかったとしても、悲観することはありません

それは、意味のある経験としてあなたの中にのこるからです

そこからの学びこそが、全てのひとの等しく与えられた機会だと思うのです




ところで、ここで話しているホンモノとは何でしょう

それはまたの機会に話すかも知れませんが、何となくわかりますよね

多分、それだと思います

書くのがめんどくさくなった、笑




今日はここまで

バーイ、センキュー(古っ)




あ、そうだった

昨日、山梨のアコースティックミュージシャンのオムニバスアルバムのレコ発LIVE をやりました

15名のミュージシャンが参加していますが、ちゃまはこの9曲目になっていました

はい、ちゃまの数字が訪れました

ありがたいです




このレコ発LIVE は、多分3回目で今回が最終回だったのですが

そのトリのステージを、やらせてもらいました

終わりはちゃまの数字(9、19、260など)

終わりは、始まりへの入り口です




ここで初めてCD をうけとり、通しで聴きましたが

とてもいいアルバムになっていました




仲間のミュージシャン達のひとつひとつの想いと

作り手(レコーディングの企画側)の想いが、ひとつの束になっていて

とても心地よいアルバムにしあがっていました




15曲入り、1,200円です

よかったら買ってね

売るほどあります、笑

自分でいうのも何ですが、Chama♪のもいいです




昨日のステージでまた、桑名晴子さんのONE をうたわせてもらいました

大好きな歌なんです、晴子さんも大好きです

そしてその歌をいいといってくれたひとたちが何人もいてくれて、嬉しかったです




そしてその歌に感動してくれて、CD まで買ってくれたひともいました

初対面で話もしていないのに、です

これもまた、訪れですね






そんなゆるい暮らしをしています

感謝、合掌




インラケチ & ONE LOVE

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 14:36Comments(0)

2013年08月28日

ヒーリングセッション






昨日、新しい型でのヒーリングセッションをおこないました

全く予想しなかった展開になり、自分でもおどろきました




リーディングから現れた潜在意識は、自分の想像を超えるものでした

結果として、5時間くらいかかったと思います




ヒーラーとしての覚悟を問われたような、体験をしましたが

おかげさまで、深いところでの覚悟がきまりました




よい結果も出たようです

そして、大切な学びもありました

またひとつ、想い込みの手放しができました




今後おこなうセッションの内容について、説明します

1.未来のリーディング(レイキ&神様カード)

2.対話

2.基本ヒーリング(龍氣&レイキ)

3.今のリーディング(龍氣)

4.対話

5.リーディングと対話内容に合わせた、ヒーリング(龍氣&レイキ)

6.対話

7.お言葉、進呈




以上がフルセッションですが、金銭面での問題もいろいろあると思うので

パートごとの実施も検討中です

改めてご案内いたします




正式OPEN まで、今暫くおまちください




Designed by Chama♪

インラケチ & ONE LOVE



  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 15:04Comments(0)

2013年08月27日

ゆるめ屋





この度正式に、対面ヒーリングセッションを始めることになりました

今回の放浪の旅の先にあったものが、これでした




ご存知の方もいらっしゃいますが、ちゃまはレイキヒーラー&マスターです

そしてこの旅の流れで、龍氣ヒーリングの伝授を受け、龍氣ヒーラーにもなりました




更にこの旅の中で、神様カードを使ったリーディングセッションを15件ほどやらせて頂き

そのシンクロの確実性とヒーリングの効果を、確信するにいたりました




このカードリーディングが、ひとつのきっかけとなり

自らの囚われから解放され涙を流し、笑顔の花が咲いた方もいらっしゃいました




これまで多くの方がちゃまの元に、人生相談に来てくださいました

そしてゆるんで、帰ってゆきました




中には、こちらがが驚くほどに大きく

人生を転換された方も複数いらっしゃいました




そのような流れから、ヒーリングをお仕事としてやらせて頂きたいと思えるにいたりました

この話は度々していますが、ひとはみな、本来はヒーラーです

それが、近代社会の想い込みという囚われにより輝きを失っています




ヒーラーとして、ひとをゆるめる(癒す)だけでなく

ヒーラーにもどるお手伝いも、伝授という形でさせて頂きます




ヒーラー同志の社会に、争いはありません

批判も中傷も反対運動も、もちろん戦争もありません




感謝の共振共鳴、光輝く社会があります

それを足下から、一粒のニンゲンとしてやってまいります




具体的なヒーリングセッションプランは、後日ご案内させて頂きます

大筋としては、いちにち1件、完全予約制で

1セッション2時間程度、場合によっては半日くらいをかけようと思います




内容は、神様カードによるリーディング、レイキヒーリング、龍氣リーディングとヒーリング

そして、それらを複合し開発した、独自のセッションを行ないます




場所は、この古民家「ちゃまさんち」をベースとしますが

県外でのセッションも、やらせて頂きます




ひとと大地を癒す、ゆるめ屋として

全国を、そして世界を巡礼してゆきます




Designed by Chama♪




よろしくお願いいたします

インラケチ & ONE LOVE

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 18:09Comments(0)

2013年08月26日

放浪の旅 23日目 山梨





今年の夏の放浪の旅も今日で終わり、
さっき大和へもどりました

振り返れば、たくさんの出来事がありました




そして、そこにはたくさんの方々との出逢い

そして、温かいおこころを頂きました




ほんとうに、ありがとうございました




おかげさまで、ふたまわり成長したような気がします

そんな自分をまた、たくさんの笑顔の種として活かせたらいいなぁって思います




一昨年の夏から始めた、放浪の旅

一年ごとにその内容は、大きく変わりゆきました




それを自分の足跡として、振り返ることができるのは

ほんとうに、ありがたいことです




この旅で、確信したことがあります

それは、ヒーラーとしてのちゃまの道




ひとと大地を癒すこと、それがちゃまの道

そのさきにあるものが、調和




これからもどうぞ、よろしくお願いいたします




今回の走行距離はわずか、2,922kmですが


距離と時間を超えた学びがありました




感謝、合掌







インラケチ & ONE LOVE

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 20:23Comments(0)

2013年08月25日

放浪の旅 22日目 愛知





今日は、朝まで決めあぐねていたんですが

鞍馬寺をやめ、愛知の知人を訪ねることにしました




彼とは、不思議なご縁を感じていて

その直感に、いざなわれました




彼とは、富士祈りのセレモニーで不思議な出逢い方をします

そして、ちゃまが旅に出ているときにも

彼との不思議な巡りが、いくつか起こりました




鞍馬寺とのご縁も、深く感じていますが

今日のこのタイミングではなかったようです




来月の旅で立ち寄ります

もしかしたら、その前に行くかも知れないけれど




そして今日は、その彼と様々な話をしました

そして必然的に訪れた熱田神宮




実はちゃま、ここにはひかれるものがありながらも、一度も行っていませんでした

そして今日も彼に聞かれます、「ちゃまさん、どこか行きたいところはありませんか?」

ちゃまはこたえます、「とくにないよ」




実は彼は、ちゃまを熱田神宮へ連れていかねばと感じていたので

ちゃまから「熱田神宮に行きたい」という返事を期待していたのですが

完全な肩すかしとなりました、笑




でも、結局彼の方から「ちゃまさんを熱田神宮にお連れしないといけない気がするんです」と話してくれました

こういう時の流れはホンモノであることを知っていますから、あらがうことなく「いいよ」と返事




そんな軽くていーのか、俺、笑

いーんです、笑笑




ここでまた、いろんなことが起こりますが、その内容は割愛

只、ひとつだけお話すると、大鳥居と参道が見えた瞬間に

体中に鳥肌がたち、涙が溢れて来ました

嗚咽をこらえるほどの、激しい感情の波です




神社でこの体験をしたのは初めてですが

実は、これと同じ感情があふれたことが一度だけあります

それは、出雲の稲佐の浜で写真を撮り、それを出雲のホテルで眺めていた時でした




今日の意味を知る日が、また来ます

ちゃまは自分がやることを、只毎日やるだけですが




その彼とは、さっきまで一緒に温泉にいました

彼はまた、明日も導かれるように遠くの山に登りに行くそうで

そちらに向かい旅立ちました

ちゃまもこれを書いたら、明日の目的地、長野の某所に向かいます




ではみなさん、よい夜を

インラケチ & ONE LOVE






  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 22:43Comments(0)

2013年08月24日

放浪の旅 21日目 三重




昨日の夜は、奈良の五條というとろこで泊まりました

いい感じの日帰り温泉があったので、そこでお風呂に入り

そこで食事してビールも飲んで、そこの駐車場で寝ました




夜中は台風のような風雨と雷、ありがたい浄化ですね

モーターハウスは風にあおられ、ぶわんぶわん揺れていました

それが心地よかったんだけれど、笑




そして今朝は、5時55分にそこを出発

熊野へ向かいます




熊野へ向かうといっても、熊野のどこに向かうのかあてはなく、なんとなく走ります

途中から熊野川沿いを延々と走るのですが、熊野川は公共工事の餌食になっていました




その工事の正当性を声たからかに、すごく大きな看板で、しかもあちらこちらでうたっています

「防災」とか「治山」などという言葉で、看板だってかなりの予算をつかっているはずです




こんなことをしなくてはならないのは、やっていることに自信がないからでしょ

自信があるなら、只やればいい




熊野川は、特別な川です

日本の西と東の気を結び、日本そのものを癒す役割をしています







川の色のなんと美しいこと

そんな川がどんどん死んでゆきます

ニンゲンの身勝手な欲のせいで




そしてそのつけは、ニンゲンにもどります

既にもどっていますね、ここかしこに




この地球は、ニンゲン主体の星ではないのです

ニンゲンを含め、全ての元素が調和する場なのです




そんなことを感じていたら、なんだか苦しくなってきて

川沿いの要所要所で、土地のヒーリングをしながら走りました




今朝おにぎりを少し食べたたけで、それから何も食べていません

めっちゃ動いて、めっちゃ汗もかいたのに

今はもう、22時をまわっています




やっとお風呂をみつけることが出来て、さっぱり

今からご飯を食べて、ここの駐車場で寝ます




鞍馬山まではまだ、かなりの距離がありますが

ま、いーっか

今日は結構走ったなぁ、ちかれた




そうそう

熊野川が、ダム建設や護岸工事の被害にあいながらも生きているのは

川を囲んでいる山のおかげです




豊かな森林と土壌をもつ山から流れ来る支流

これが今も熊野川を活かしているのです

現地を旅してそう感じることが出来ました





感謝、合掌




インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 23:22Comments(0)

2013年08月23日

放浪の旅 20日目 三重





昨日、兵庫から三重までの移動中

とても多くの数霊(かずたま)のシンクロやメッセージがありました




ちゃまの数は、19

表の数字は1、9

裏の数字は、6

これは、何度もお話しましたね




これに加え、重要な数が81(裏は18)

それに調和のエネルギーの、3

これらが、ベースになります




昨日は、旅の19日目で、13の月の暦では、Kin191

その日に、龍氣ヒーリングの竜己(りゅうき)さんに逢えることになってしまいました




そしてその日は「青い猿」の日で、前日に出逢った方も「青い猿」で、その方の誕生日は9/11

そしてその夜に縁あって初めて逢う方がいて、その方の誕生日も9/11(昨日別の流れから偶然知ることになる)




また、昨日は十六夜(いざよい)で、16


これを目の前に置いてくれたのは、後で話が出るルミナさん





この時点でふと浮かんだのが、169の意味

陰陽対極図は69で、この中に1が入る形霊がちゃまの形

つまり、619(左ゆるみと、右しまりの、中心線、そこが調和)




ちなみに、ちゃまの誕生日を二桁に区切って足すと、69

6、9は、勾玉の形霊

調和点の1は、Oneness、One Love で、そこがちゃまが在る位置




ご縁が深い国津系の神(建御名方神、大国主命、素戔嗚尊)の形霊、6

天津系の神(天照大神など)の形霊、9

その中心軸の1、これが陰陽のバランス、つまり調和の月読尊(ちゃまの入り口となった神様)




昨日の朝、友だちが電話でこう云います

「ちゃまさん、HS神社と18が昨日からとても気になるんです」




お邪魔した竜己さんの住所「XXX市」の数霊は18で、更に「HS町」

その友だちは、もちろんそのことを知りません




竜己さんのご自宅は国道165沿線で、165を調和の3で割ると、55

HSの数霊は、55




昨日タイヤがバースト寸前になり、生き残ったタイヤは3つ
導きの鳥

八咫烏の足は3本(これは竜己さんから言葉)

実は、このところ鳥からのメッセージの兆候が続いていました




そして昨夜泊まることになっていた、叔母の家も国道165沿い

国道165号は針(地名)を通して、国道369(ミロク)に繋がる




369を調和の数字3で割ると、123(ひふみ)

ひふみ神事の意味の他に、「ひ(火)」と「み(水)」の間に「ふ」が在る




ということは、「ふ」はちゃまの位置だけれど、その意味は今はわからない

ミロクのご縁は、たゆたいむで話す通り(長い話になるので割愛)




そして、叔母の家の沿線となる県道は、691

昨日竜己さんがちゃまのリーディングで感じたものが、熊野




熊野のポジジョンは1、そして数霊は61

また、この1の軸上に鞍馬もあり、鞍馬の数霊は80、つまり80+1=81




ちなみに、出雲は6の中心点、富士山は9の中心点

深いご縁を感じるルミナさんの数霊は、99




99は終わり、終わりは始まりの入り口でちゃまの位置と同じ

そのご縁の日は26で、その場所(伊那)の数霊も26

ちなみに、ちゃまのKinは260で、その位置は始まりの入り口の終わり




先日突然行った剣山と伊那を線で結び、その中心をみると

今居る名張、剣山は中央構造体のライン上




あれ、今ちらっと見た目線の先にあった番号は、81-0099

その直後にふと開いたスマホで、目に飛び込んだ時刻は、8:18




竜己さんがの話の中に、岡山の合気道が出てくる

その意味はゆるめ、浄化

浄化の数霊は、69




一昨日、ご縁があって初めて逢った9/11生まれの岡山の方

その彼が口にしていたのは、「合気道をやらなきゃ」

それは実は、その方自身のためなんですが、気づいてもらえるかな

ちなみに、合気道の数霊は、81




あれ、今叔母とこれとは全く関係のない話をしていて、叔母の口から出てきたことば

「うちのお父さん(旦那)の誕生日は、9/11なんやけど、、、」って、笑




他にもまだあったかも知れないけれど、思い出せないし

これくらいあれば、十分でしょ

何がどうなると、24時間もたたないうちに、これだけのものが繋がるの?




竜己さんとの話で、腑に落ちたことがいくつもありました

これはまた大変です

大きく変わると書いて、大変ですよ、笑




最後に、竜己さんから昨日ふと伺った言葉

「じつは、19という数字も重要でして、、、」

俺のこころの中の声「え??? なに?なに?なに?」笑




19は、国之常立神(くにのとこたちのかみ)なんだそうです、知らんかった


この神様、古事記の中では

神世七代の最初に現れた独神(男女の性別のない神)で、宇宙の根源の神様でもあります

ありがたや〜




竜己さんのところから帰るときの空

スマホ撮影





喜ばれているような感じがしました

え、何が? 笑




インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 14:35Comments(0)

2013年08月22日

放浪の旅 19日目 兵庫




昨夜、2週間もお世話になった岡山をあとにし、旅立ちました

おせわになりました、只々感謝




想えば、出雲での病いから始まり

不思議なご縁の連続でした



そんな岡山とのお別れは

素晴らしい景色に溢れていました




ネックレスのご注文を頂いていた方へ

納品のために出向きました




13の月の暦でデザインを決めますが

そのシンクロはばっちりだったようで、喜んでいただけました

よかった。。。





そしてその場で、神様カードによるリーディングを行ないました

これまた、ばっちりのシンクロでした

その中からのメッセージを、文字にしてお渡ししました




どうしてこんなにも、神様カードのシンクロが起こるのか

自分ではわかりません




しかし結果は、確実にシンクロしていることを示しています

そのカードのメッセージで、涙を流した方もいます

インナーチャイルドに響き、癒されたのですね




特に、岡山に来てからのシンクロ度は

以前のそれをうわまわっているような、気がします




近視のひとが、裸眼で見ていた景色が

眼鏡をかけたことで、すっきりと見えるようになる

そんな違いを、岡山の前後で感じています




これは、神様カードに限らず

自分自身の意識との繋がりにも感じます




あ、今なんか凄いこと書きましたね

自分自身の意識との繋がり?




この言葉は、左脳でつくられていません

右脳から勝手に出てきました




あ、そういえば今日は19日目だ

19は、ちゃまの最も意味深い数字




その日に、竜己さんに逢えることになってしまいました

竜己さんは、龍氣ヒーリングの先生です




話が、勝手に進んでしまいました

岡山を離れるときの景色の話でしたね




そう、お邪魔していた方の家をでるとき

玄関を開けたそこは、オレンジ色の空気が溢れていました




あけてびっくり、思わず「うわっ!」という言葉が

口から飛び出しました




49年生きてきて、初めて見た空気の色でした

空を見上げると、もの凄い夕焼けがひろがっていました




次に見えたのは、完璧な満月

高速道路を走る目の前に、完璧な満月

雲との、美しい調和を見せて貰いました




そして、その左側には雷雲

稲光ではなく、もの凄い稲妻が何度も走ります




まさに、龍神様をみているようです

不思議なことに、雷鳴は全く聴こえませんでした




完璧な満月と完璧な稲妻を、同時に見ていました

ありがとう、おかやま




東へ向かいながら、現れた道路標識

あるところまでの距離が、22kmと77kmと記載されています




そこから10km走ると、その場所までの距離は11kmと66kmになります

美しいですね、ちゃまの数字です




そこで訪れるオドメーターの末尾2桁は、44kmです

只ならぬ感じでしょ、笑




わくわくしながら、その距離にたどり着きます

そして来ました、ぴったり44km




それはLINE で送られて来た、美しいメッセージでした

いつも、ありがとう




そんなこんなだった、昨日の夕焼け







そして、暮れゆきました






そうしたら、今朝もまた素晴らしい景色で始まりました

こっちは、スマホ撮りです







インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 06:48Comments(0)

2013年08月21日

放浪の旅 18日目 岡山





どういうわけか、不思議な出逢いが淀みません

流れ、巡りゆきます




これが「たゆたう」ということですね

出逢いを求めるひともいますが、ちゃまは出逢いを求めません

只、出逢うのです




ちゃまにとっての出逢いは、規模の拡大の意思とは無縁で

学びの場が提供される、今に在る現実です




また、学びは会話や行動を伴うとは限らず

只、そのひとに逢って感じるだけでも起こります




旅はそういう学びの場の網の結び目を、空間的に移動している姿です

放浪とは、求めないことを意味しています

これもまた、「たゆたう」とおなじ




場所に囚われないことは大切なことで

ひとに囚われないことも大切なことで

時間に囚われないことも大切なことです




今に結ばれたひとへの感謝は永遠

感謝は、今という瞬間の自分の中のに在り

その今が次の今に紡がれてゆく限り、囚われる必要なんかなくなります




囚われから解放してくれるもの

それが、感謝です




今日、ながいことお世話になった笠岡をあとにし、旅立ちます

少し淋しいです

感謝の気持ちで、いっぱいです




ほんとうに、ありがとうございました




写真は夕べの月

ちゃまにしてはへたくそな写真ですが、笑





でも、びっくりしたので掲載します




なんと月が、昇りの螺旋と下りの螺旋に挟まれていました

それには気づかずに、これを撮っていたんですが




ちゃまは昨日、ある剣を手にすることになったのですが

その剣で描くものが、昇り螺旋と下り螺旋だったのです




あー、びっくり

インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 10:35Comments(0)

2013年08月20日

放浪の旅 17日目 岡山





今回の旅では

岡山、そして広島県福山市でのご縁をたくさん頂いています




8/16、さをり(織物、いちにちめ)

8/17、たゆたいむ、神様カードリーディング

8/18、Photo Workshop

8/19、さをり(ふつかめ、幅40cm x 長さ3.4m 完成)、たゆたいむ、神様カードリーディング


たゆたいむ、リーディング、Photo WS、3日間で、12時間くらい喋っています




自然と、こういうことをする流れになって行ったのですが

そのどれもが、自分の好きなことで

そしてそれで喜んで貰えるのが、とてもありがたいです




ビジネスマンの時にはあまり感じることが出来なかった「喜び」を、感じられます

感謝とお礼の、まいにちです




神様カードによるリーディングも、ここに来てもう10回以上やっています

こんなにもシンクロするものかと、実は、自分自身がいちばん驚いています




ちゃまは自分を、スピリチュアルと表現するのにもされるのにも、違和感があります

なぜなら、特別なことをしていると思っていないからです




ごく自然に、自然なことをしているだけだからです

自由人といわれる方が、よほどしっくり来るし嬉しいです

アーティストといわれるのも、嬉しいです




そう、この間に、ネックレスなどのてづくりアクセサリーをいくつか買って頂きました

更に、13の月の暦からのメッセージをベースにデザインする

Only One のネックレス制作のご注文も、既に5件以上頂きました




現在、ご注文を頂いているアクセサリーは、おそらく40点くらいあると思います

ありがたいです




好きで始めたことが、ことごとく喜ばれる仕事になっています

やっていることが多岐に亘るため、もっと絞った方がいいと云われたことがあります

自分でも、そう思った時期があります




でも、多岐に亘っていないことにある時に気づきました

やっていること(Doing)で見れば、多岐に亘っていますが

それに向かう想い、つまり自分の在りよう(Being)は、ひとつです

Not human doing, but human being




全ては、ひとのこころをゆるめ、笑顔になってもらうための手段に過ぎず

全てが、ヒーラーとしてのちゃまの在りように過ぎません




本来、すべてのひとがヒーラーでした

それは、当たり前の能力、つまりニンゲンの在りようでした

だから、今の自分もあたりまえのひとに過ぎません




先日思いつきで発足した、ヒーラーにもどる会(ヒーラーにもどるかい?)

予想以上の反応(参加希望)がありました




それに気づきかけているひとが、思いの外大勢いるんだということを知りました

これは、この社会の新らしい流れです

宇宙の流れが、そういう時に来ているんだと思います




そう感じるひとはためしに、その流れにのってみるといいと思います

その会で何をするかは、まだ何も考えていないんですけどね、笑




ま、そのときが来るとおのずとすることが判るので、それでいーんです

だいたいそんなもんです




そして今日は、先日のブログにも書きましたが

ずっと意味が判らなかった剣に出逢う日、楽しみです




そして、もしかしらた明日も、もうひとつの別の剣に出逢うかも知れません

それらも全て、向こう側から来た流れ、楽しみです

そのふたつは、実は同じひとつの剣になるんじゃないかなって、そんな予感があります




写真は、先日のPhoto WS に参加してくださったみなさん





ゆるゆるの笑顔が、いいですね

ありがとうございました




インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 10:15Comments(0)

2013年08月19日

放浪の旅 16日目 広島




昨日ふと、思いました

結果に、意識を変えられているひとが多いことに




何が原因で、こういう本末転倒が多い社会になってしまったんだろう

所謂、成果主義というやつかな




本来のエネルギーの流れは、これとは真逆

意識から生まれるものが、結果です




意識は、目に見えません

自分以外のひとからは




結果は、目に見えます

自分にも、自分以外のひとからも

だからなのかな




ひとがひとを測ることが必要となった、近代社会

これは、統治という概念から生まれました




古事記に書かれている日本神話にも、統治の物語りがあります

統治って本当に必要なの?




ちゃまは、不要だと思います

但しそのためには、お互いがお互いを信頼しているという基盤が必要です




そのために、そのコミュニティーの適切なサイズが生まれます

この適切なサイズが、部族といわれるものだったんだと思います




近代社会は、肥大化競争の社会です

適切なサイズでの調和とは、真逆の社会です




適切なサイズでの調和体の集合が、大調和です




ちゃまが働いていた会社は、グループ全体で30万人いました

これは、甲府市の人口よりも多いのです




そうなるとこういう企業は、社会そのものに影響を与えます

政治や経済に、直接的に、且つ強力に関与します




企業肥大化のために、関与します

経済成長という名のもとに




その結果、モノとカネがニンゲンを支配した社会が生まれます

そうなってくると、モノとカネ自身が意識を持つようになります




その意識をつくったのは、ニンゲンです

その自分たちでつくった意識に振り回され、苦悩しています




でも、それは

自分たちでつくった意識だから、自分たちで変えることが出来ます




成長という名のもとに、仕事が仕事を生みます

言い換えれば、カネがカネを生み、モノがモノを生むのです




でも、よく考えてみてください

その中で起こっていることは、ヒトがヒトを壊し

ヒトが自然を壊しています




自然(元素)は、エネルギーそのものです

自然(元素)は、癒しそのものです




適切なサイズのことを、日本人は質素という言葉で知っています

穏やかで、のびやかな意識に生まれ育った国だと思います




現状は、次の調和社会へ深まるためのプロセス

そう想い、今を、自分の意識で生きてゆきます




昨夜の月





あと2日で、満月です

合掌




インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 12:44Comments(0)

2013年08月18日

放浪の旅 15日目 岡山




今日は、よく寝たー!

8時間も寝て、元気です




昨日は広島で「たゆたいむ」を開催して頂きました

広島、岡山から7名が参加されました




トークは今回も3時間半

トークの後も全員残ってくださって、会場の下のカフェで一緒にお茶をしました




全員、神様カードによるリーディングを希望されたので

海を見おろすカフェのテラスで、ひとりひとりリーディングを行ないました




今回も、カードとご本人のシンクロがあったように思います

ドンピシャと思われるひとも、数名いました




これにより、「吉本お笑いツアー」が開催されることも決定しました

(これだけ聴いても意味が判らないですよね。でも、ま、そーゆーことです、笑)




今回のたゆたいむで、自分自身もまた学びがありました

それは感想文の中にありました




これは昨日参加してくださった、ある方の感想文です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日は、素晴らしいお話を、ありがとうございました。

又、すてきな写真をたくさん見せていただき、ありがとうございました。

自分はなんてちっぽけな人間なんだろう。

小さなことに囚われ、クヨクヨしてしまっている。

もっと大きな器で、心も軽くいれる人間でありたい。

そういう人間になります。

自分(のいる場所)を、どのくらいの高さから見れるか・・・

大した高さで見れませんでした。

もっと高く、もっと高く、と思ったのですが、

ある一定の高さから、上がりませんでした。

地球レベル、宇宙レベルから見れるくらいの、

大きな意識を持ってみたいです。

ゆるめる、受け入れる、自信を持つ。

きっと、出来る!!

そう!!簡単かも・・・、ですよね!

本当にありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




この感想文の中から、自分自身が学ばせてもらったことがあります

ありがとうございます




たゆたいむとカードリーディングの後、顔つきが全然変わった方がいました

ちゃまさんちに、悩み事の相談に来て

顔つき(というより顔そのもの)が変わって帰る方が、過去何名かいましたが

それと同じレベルで、別人の顔になりました




血色も明らかに違います、光が射したのですね

実は、光が射したのではなく

そのひとの中に、光の柱が立ったんですけれどね




ちなみに、神様を数える単位は「柱」です

わかりますよね?

そういうことです




神という言葉をどう捉えるかですが

ちゃまは、内なるエネルギーが神だと思っています

そしてそれは同時に、宇宙に溢れる全てのエネルギーと接続しています

つまり、宇宙意識が神だと思うのです







ネイティブアメリカンが、Something Great と呼んだ、それと同じだと思います

そしてそれは特別なものではなく、万物に共通する当たり前のもの

人間だけでなく、爬虫類も、土も、草木も、雲も、全ての元素に宿るエネルギーです




なのに人間は社会生活の中でnoise にまみれ、左脳が飽和し

そこに生み出したカオス(混沌)を、何かが足りないと想い込み

右脳を信じてあげられないため、右脳が働かずに悩み苦しむ




そんな流れが、今の社会の構図のように思えます

これを「左脳の淀み」といいます




左脳の淀みを解放すれば、右脳へ流れ巡ります

左脳と右脳のバランスで、人間が本来持っている能力にもどります




ヒーラーとは、このバランスがとれたひとのことだと思います

これをチャクラでいうと、第1〜第3のボディ側のエネルギーと

第5〜第7の意識側のエネルギーが、第四のチャクラで

何の内部応力も生じず、巡りながらバランスしている状態のようです




さて、今日は広島でphoto workshop です

旅先でお仕事を頂けるなんて、ほんとうにありがたいです

今日も楽しく、自分を尽くします




そして明後日は、岡山でたゆたいむ

お仕事が続きます

ってか、たまには仕事しろって? 笑




インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 07:41Comments(0)

2013年08月17日

放浪の旅 14日目 岡山





ちゃまは去年の1月まで、バリバリのビジネスマンでした

8,000人の会社の1,000人を超える工場の、品質総責任者として

100名の部下と1,000人の仲間と共に工場を経営していました




当時の収入は、その1,000人の中で5本の指に入っていたはずです

サラリーマンとしては、かなりの収入を得ていました




休みは、ひとつきに1日とか、ふたつきに1日

早朝から深夜までの毎日

品質問題のため、11連休の夏休みが、たった1日になったことさえあります




国内外の出張も多く、仕事が全てでした

風呂に入っていても、仕事のことが頭から離れません

寝ていても、夢で仕事をしています

そんな暮らしを、24年に亘りしてきました




当時からちゃまは、お酒が大好きでした

ビールは、プレミアムモルツかヱビス




今は、毎日発泡酒と、安ワイン

でもたまーに、ヱビスを頂きます

それもなんだか、ありがたいです




今の暮らしで毎日ヱビスなんか飲んでいたら

ご飯が食べられません

外食も滅多にできません

それでは、経済的に生きていけないのが現状です




古民家での暮らしは、質素そのものです

でも決して、貧しくはありません




豊かさは内なる自分の中にあり、外にありません

サラリーマン時代は、物質的には豊かでした

でも、内なる自分は悲鳴をあげていました




それは、仕事が大変だったということよりも

自分が在りたい道との乖離が大きかったことからの悲鳴でした

今は在りたい道の中にあり、穏やかに生きています




もともと贅沢指向が強くないので、そんな多くのお金は要りません

でも、うちの古民家「ちゃまさんち」にひとがこられた時に

おもてなしができるくらいのお金と

質素な旅ができるくらいのお金はあって欲しいです




只、経済的な問題はそのうち解決されるに決まっている、と思っています

今の出費を恐れ、目の前に現れてくれた機会を逃すことはしないよう、心がけています




旅をしていても、多くの方々が助けてくれます

今回の岡山のご縁には、ありがたいという言葉では言い尽くせないものがあります





今回は、旅の途上での病いのため

長崎で企画してもらっていたイベントを全て、キャンセルしてしまいました




そんなこんなだったのに、「で、次はいつきてくれるの?」と早速連絡を貰っています

法事も欠席してしまい、お墓参りにもいけませんでした




長崎は、9月の旅で立ち寄るよう考えます

9月の旅も既に、行き先がたくさんあります

長崎以外にもキャンセルした予定が、いくつかありましたから

そしてもう既に、10月も旅の予定が入っています




旅は目的や手段ではなく、ちゃまの暮らしそのものになりつつあります

そしてそこには、多くの方々の温かい想いがあります




これからも、みなさんの温かい想いに甘えさせて頂くと思います

そしてその中で、ちゃまにできることを、こころを込めてやらせて頂きます




旅がちゃまに、学びを与えてくれます

でも、そんな旅ができるのは

大和の古民家「ちゃまさんち」という基盤あってのこと

そこでの暮らしへの感謝が、原点です




大調和への道のりを、感謝と共に歩みゆきますので

どうぞこれからも、温かく見守ってください




いつも、いつも、ありがとうございます

感謝、合掌







インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 10:57Comments(4)

2013年08月16日

放浪の旅 13日目 岡山




昨日は、終戦記念日でしたね

ちゃまのふるさと長崎では、精霊流しでした




昔、父や母の小さな舟をつくり

送ったことを想い出しました




そんな昨日、平和と大調和を祈りました

そして、戦いなき暮らしを誓いました




戦いは戦争だけではありません

あなたの隣りいるひととの争いも

「XXX 反対!」と拳をあげるのも同じ

戦いです、戦いの波動です




「戦争反対!」なんていいながら

既にもう戦っている自分に、どうか気づいてあげてください




「原発反対!」というのも同じです

放射能より、ニンゲンの戦う波動の悪影響の今が心配です




ちゃまは今でこそ、穏やかに見られることも多いですが

もとは、火のような激しいイキモノでした

超、好戦的なイキモノでした

ランボー(乱暴)とか、特攻隊長とか、瞬間湯沸かし器と云われていました、笑




それは、戦わないと自分を保っていられないほど、弱いイキモノだったからです

でもその戦いを、手放そうと努めています




それは弱さからの脱却、そのための光が「感謝」です

これは自分内宇宙、つまり器の拡張と同じです




偏狭さが恐れを産み、戦いをもたらします

この偏狭さが、弱さ




自分のために始めたそのことが、世界を変えます

拳を感謝にかえてゆく、自分が今ここでつくれる平和です




あ、そういえば偶然にも昨日

WAR IS OVER! と書かれたTシャツを着ていました、笑





NO MORE WAR PLEASE、NO MORE HIROSHIMA PLEASE、NO MORE NAGASAKI PLEASE




あ、そうだひとつ昨日の続きを

ちゃまの数字は19ですが、鞍馬寺は十九番札所でした

参りました、笑




インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 08:50Comments(0)

2013年08月15日

放浪の旅 12日目 岡山




岡山にたどりついて、早いもので一週間が経ちました

体調はもう普段どおりにもどったようです、感謝





昨日は、いちにちのんびりしている予定だったのですが

突然のお誘いがあり、大本タカシさんという方の

「ナウ・ヒア・チャンネルのセッション」を受けることになりました




タカシさんのセッションは、1日1件のみで

その予約は数ヶ月先までビッッシリなんだそうですが

その紹介頂いた方のご縁もあり、ポコンと入ることができました




そこにたどり着くまでには、いくつもの岐路があって

その岐路のひとつでも違う方に行けば、たどり着けていなかったかも知れません




というようなことは、普通考えると思うのですが

実は、そうではないんです




どこかで違う道に入ったとしても、何れまたそこにたどり着くんですね

たどり着くべきところにゆくための選択の機会は、執拗に何度も訪れます

そこにたどり着けるに決まっていると、それが宇宙の摂理だと、信じていればですが




道って、どっちにしろ繋がっているじゃないですか

なので、タイミングは昨日ではないにしろ、そのうち着くんですね

でもやっぱり、昨日たどり着けたことに感謝するんです




セッションの過程で、ESPカードをつかいます

タカシさんが、ちゃまのカードを当ててゆくのですが

そりゃぁもう、全部あたります

凄いですね




でもそれは「へぇ〜、そーなんだ」ってくらいに受けとめていいことです

その後がセッションですが、ある言葉がタカシさんを通じて自動書記でかかれます

内容を見ると、過去から現在までの自分が短い言葉で見事に現されていました




そして現在の課題、それはつまり未来へ向けた今ですが、それが書かれていました

多く書かれているわけではなくシンプルな内容ですが、そのシンプルが的を射ています

やられました(何が? 笑)




その中のキーワードが、これです

「感謝の意味と位置を知る」




それがひとを想い遣り、ひとの役に立つことへつながってゆくのだそうです

はい、恐れ入りました(だから何が? 笑)




感謝とお礼の違いを教えて頂きました

確かに両者の意味の違いを、見識の次元で理解していなかったですね




感謝とは、目の前に起こった事実のありがたさに気づくこと

お礼とは、感謝の気持ちを言葉や行動にすること




例えば、ありがとうと口にすることは、感謝ではなくお礼だということです

辞書を調べてみましたが、その中ではお礼も感謝に含まれて書かれていました

それはそれとして、上に書いた概念は、とてもたいせつなことでした、感謝




両者の違いをこういう風に理解しました

感謝は内なるもの

お礼は外に向かうもの




内なるものをきちんと受けとめること

つまり、こころに足す、こころに込めることが大事だということです、多分




今までも、それは時々できていたとは思いますよ

でも、足りていなかったと思います




そしてセッションのあと、色んな話をします

その中で不意に訪れました(またかよ、笑)




「茂生さん、鞍馬をご存知ですか?」

あ、参りました(だから何が? 笑)




教えて頂いたことは、既に自分の中に持っているメッセージです

しかし自分では、その全てを知るに至ってはいません

それが未熟さですが、その未熟さを補うものが

自分自身の学びの継続と、ひととのご縁だと思います




この気づきのご縁にまた、感謝

今日はいちにちのんびり過ごします、多分、笑




明日からは連日、予定がびっしりです

「たゆたいむ」開催、2回

Photo Workshop 開催


さをり体験
、神社参拝


そして、昨日書いた剣にまつわる「あるもの」の伝授、など




もともと予定していた後半の計画が、変わると思います

流れのままに参りますので、ご容赦頂ければ幸いです





この川は、昨日のブログに掲載した夜宇宙(ヨゾラ)の写真を撮った場所の真下です

こんなに美しい川が流れていたなんてね、翌日の帰り道で気づきました




もし翌日ここで車を止めなければ、気づくことはありませんでした

人生の中にも、こういうことってよくありますよね




先を急ぐばかりじゃ駄目なんですね

ゆるやかに、ゆきましょう




あ、ひとつ忘れていました

タカシさんのセッションを受けたのは

昨日のちゃまが、7219人目でした




また来ました、19、ちゃまの数字です

7219は、なにいく、何行く?ですね





そう、行く場所は鞍馬山でした

降参です(だから何が? 笑)




インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます


  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 16:20Comments(0)

2013年08月14日

放浪の旅 11日目 岡山




昨日の3時間睡眠のおかげもあり、今日はぐっくり眠れました

それでも、4時半には起きましたけどね

じじぃか、笑




身体もおかげさまで、もうすっかりいいようです

今思えば、9日間も煩っていました

特にひどくなってからだけでも、7日間

おかげさまで、新しい気づきに出逢いました




話は昨日の続きになります

三種の神器、鏡、勾玉、剣




自分の内なる鏡と勾玉は、この一年で身につけています

今想えば、その気づきも昨年夏の放浪の旅にありました




そして昨日、うちなる剣がみつかりました

この道のりには、多くのご縁と多くのメッセージがありました

全てが連綿と紡がれていて、その全てを書き表すのはむずかしいんです

記憶できないほどたくさんのことが起こりましたから

そんな中ですが、大きな流れを書きたいと思います




この旅の始まりで、素戔嗚尊と剣というメッセージを受けとめていました

話は遡ります




素戔嗚尊は去年の放浪の旅で、この隣町にあたる福山市で始まっていました

そのご縁は、桑名晴子さん繋がりでした

そして今回の出雲のご縁、岡野さんと國友悠ちゃんもまた、晴子さん繋がりです




その出雲でも、素戔嗚尊と剣にまつわる話に多く触れ

また、その所以となる地を旅しました

そのどちらもが、求めたどり着いたのではなく

自然な流れで出逢います




その要所要所で、自分の直感が働いています(右脳の働き)

それに刺激され色々歩き回りながら、またはひとの話を聴きながら

勉強を重ねてゆきます(左脳の働き)




そんな中、出雲で病を発症し旅の流れが大きく変わります

そして、岡山に流れつきます




岡山のご縁も実は、晴子さんで繋がりました

そして、そのご縁を頂いた方

去年素戔嗚尊神社へちゃまを連れていってくれた方と

何と、お友達であったことを後で知ります

そして、その両方の方が、晴子さんとも、岡野さんとも繋がっていました




その岡山の方と知り合ったのは、旅のひとつき程前

うちの古民家「ちゃまさんち」に、泊まって頂きました




そしてその日か前日がたまたま、うちの神棚を開いた日でした

神棚には、建御名方神(諏訪大社)がいらっしゃいます

ちなみに今回の旅で、諏訪と出雲(大国主命)と、素戔嗚尊が結ばれます

その三柱の神様は、父、子、孫の関係です




そしてその岡山の方の導きで、ちゃまさんちの土地のお清めをおこないました

お清めの後の家の中の気の変わりようは、正直驚くものがありました

感じるだけでなく、その変化を視覚的に捉えることもできました




そんな中、その方とちゃまにはいくつかの共通点があることを知ります

ひとつは、レイキマスター(ヒーラー)であること

もうひとつは、龍との深いご縁があること

しかもそのご縁の現れ方までもが、酷似していました




後日その方から、ちゃまと素戔嗚尊のご縁を知らされます

それと同時に、「白蛇さまが、ちゃまさんのところに行きます」という連絡を頂きます




その日の午後、たまたま訪れていた友人宅の庭で、1m20cm ほどある蛇の抜け殻を見つけます

その友人もまた深い縁を感じるのですが、ちゃまは「そんなもの要らない」と云っているのに

その友人は、そんなこと全く聴こえていないかのように

その蛇の抜け殻を丁寧に草むらから取り出して、「持ってきな」と手渡してくれました

抜け殻なので白いんですね、その蛇




実はその後に、その岡山の方から

「白蛇さまがちゃまさんのところへ行ったよ」というメールが、届いていたことを知ります




ちなみに今お世話になっている岡山の家の氏神様、車で2分程度のところにあるんですが、素戔嗚神社なんです

また、その家に方に教えて貰って最初に行った道通神社には、白蛇さまが祀られていました

偶然なんですか?

そして出雲のでの発症にもどります




山梨の家と遠く離れた旅先(出雲)でどうしよう、と困っていたところ(実は何も心配していませんでしたが、笑)

その岡山の方のご縁で、今住まわせてもらっている家にたどり着きます

そして昨日書いた、突然の剣山になるわけですが

実はここ、岡山に来てからも、剣のメッセージが繰り返し届いていました





その中のひとつは、6月に富士いのりのセレモニーで出逢った方とのご縁でした

その場にも、晴子さんと岡野さんと悠ちゃんがいましたね

その方ともまた、不思議なくらいにゆるやかな繋がり方をしたんですが

おとといその方とやり取りしている中で、剣のことが更に意味を持って現れてきて

そのインスピレーションから、剣山が出てきました




でもその時点では、まさか6時間以上もかけて

ましてやその日に、剣山まで行くとは思っていなかったんですけれどね

はい、そして昨日のブログに書いた流れで剣山にたどり着きます




朝までは、剣山に登る気でいました

目がさめてすぐに、登山口にある劔神社にご挨拶に伺いました

劔神社の写真(iphone 撮影)

















拝殿の前でしばし手をあわせていると、下から5人くらいの中年のおじさん集団が登ってきました

中年のおじさんと云っても、ちゃまより年下かも知れませんが、笑




そのひとたちの神社での振る舞いをみていて、悲しい気持ちになりました

ちゃまは、神社は聖なる領域だと思っていますが

そのひとたちにとっては、只の神社という名前の場所なのかな




遠足気分でわいわいがやがや、形の問題ではありませんが

自然とか、宇宙とか、つまりそれが神だと思うのですが

そういうもにに対する畏敬の念を、感じることができませんでした

そしてそのひとたちは、これから剣山に登るところでした




既に早朝から、登山口には剣山登山をまちかまえたひとがとても大勢いました

こういう気のひとがこれから大勢集まる剣山に登るのが、急に空しくなりました

6時間以上かけてたどり着いたここでしたが、あっさりと登るのをやめました




でも、腹立たしさや、登山をやめたことに対する空しさはありません

その時の直感に従った自分が、只在っただけでした



そう書くと、凄いことのようですが

そういう時のちゃまのノリ、かなり軽いんです

その時の胸の中の声は、「ま、それもいーんじゃね」 です、笑




その時劔神社の参道の真下、鳥居の正面に鳥の死骸がありました

無惨な死骸が、そこにひと目にさらされています

手にとって、草むらに動かしました

そしてその中から、立派な羽根を頂きました




いつも胸につるしている鹿の角も、鹿の死骸を火葬した時

最後に残った部分を頂いたのですが

今回もまた、それと同じ流れ

お守りとして車に吊るしました




羽根は、去年の旅でも神社でたくさん拾いました

それをお守りとして車に吊るしていたんですが、それが更に増えました

これも何かのご縁だと思います(iphone 撮影)








そんなこんなで、山を下ります

昨夜は真っ暗闇を走ってきましたが、今度は全ての景色が輝いています




走ってきた道には、とても美しい渓流がより沿っていました

そんな中の一ヶ所に、突然惹かれました

車を止め、バックでもどります




そこにはとても綺麗な流れがあり、下に降りることができる場所でした

そこに降ります




川に足を入れ清流をひとりで楽しんでいると、ぴょん、ぴょん

足下で蛙が飛んでいます

よく観るとその蛙、白いんです(iphone 撮影)







こんなの初めて見ました

そして逃げないんです

手にのせると、その上でじっとこっちを見ています

めっちゃ可愛い(iphone 撮影)







その時、その岡山の方からメールが来ます

そこに書いてあったこと、それは




ちゃまさんちには龍神様が護られていました

そして、白蛇さまも来られました

ということと、もうひとつ




古神道の剣の型をつかってやる「あるもの」の、ことでした

ここでわかったのです、うちなる剣の意味が




このタイミングで白い蛙が現れたことにも、意味を感じました

なので、その「あるもの」をやることに決めました




その「あるもの」がどんなものかもよくは知りません

どこで、どれくらいの期間をかけ、いくらかかるのかも知りません

でも、やることは決まります




実は6月の終わりに東京で見た、岡野さんと悠ちゃんが出演していた「魂振りNight」

ここで真剣をつかった剣舞なるものを見ましたが、その気は今までに感じたことがない響きでした

もしかしたら自分でもそれをやるのかな、なんて思ったりもしていたのですが

答えはそっちではなく、その「あるもの」だったようです




只、あの時に実感した「気」があったからこそ、ここにたどり着いたのもまた事実です

「あるもの」が何なのか、今は意味を知らないので深く触れませんが

ちゃまのうちなる剣は、これだったのです





話は、その川にもどります

その後暫く川で遊んでいました

またふと惹かれ、50m ほど上流に歩いていくとこれがありました

なんだか凄く感じるんです




あまりに感じるのでなんなんだろうと想い、わざわざスマホをとりにもどり

撮影したのが、これです(iphone 撮影)







龍神様がいる場所だとなんとなく感じたので、そんなコメントと共にFacebook に掲載したところ

「たしかにいる!」って反響がいくつか返ってきて、こっちがびっくりしました




これをどうとらえるかは、ひとそれぞれの問題です

そのひとにとっての真実が、そのひとの人生に映ります




事実というものごとの価値を重んじる、近代社会に生きるのか

うちなる自分の真実をたいせつに暮らす、宇宙との調和に生きるのか

その選択もまた、自由です




今回、病床で感じました

身体の不自由が、魂を自由にすると




これは自分の未熟さの現れでもありますが、よい気づきを拾えました

気づけたから、今度は身体は自由でも、魂も自由になれますよね、きっと




はい、ここは、「もともとおまえは自由じゃないか!」と突っ込むところではありません、笑

自由の次元が違う話ですね




そんなこんなで、長〜い話になりましたが

今日のこの話を楽しみにしてくれている方々が、いてくれました

その方々の想いが、これを書かせてくれました

ありがとうございます、インラケチ




最後に、剣山の中腹で撮影したペルセウス流星群の宇宙(時空)です

天の川と、流れ星が見えますか







宇宙大調和 ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

病状のなりゆきに合わせで変更してゆきます


  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 14:29Comments(0)

2013年08月13日

放浪の旅 10日目 香川・徳島





体調もすっかりよくなった昨日の夕方、ふと

「ペルセウス流星群を見に行こう!」と思いました

思っちゃったんだから、仕方ありません




最初は、2時間くらいで行ける中国山脈のどこかにしようと思ったんですが

その後に、「剣山」とちゃまの中の誰かがささやきました(誰や!笑)




剣山は、徳島県

ここ岡山の一番西からだと、5時間かかります

でも「剣山」と気づいてしまったので、これまた仕方ありません

中国地方と四国が一枚に入っているような縮尺の地図一枚をもって、18時頃でかけました




剣山のふもと町の道の駅についたのは既に、23時を回っていたと思います

それから、自販機で買ったミルクティを飲んだり、煙管を吹かしたりしていたら24時半

目覚ましを1時31分にかけて寝たんですが、目が覚めたら1時58分

友だちに「2時に起こして」と頼まれていたので、ギリギリセーフ




目覚ましも聴こえないで、寝ていたようです

ちなみに、目覚ましが聴こえなくて寝過ごした経験は過去にないような気がします




さて、流星が極大となる時間が3時でしたので、それから剣山を急ぎ目指します

そこから剣山までは、40km の道のり

結局2時半くらいまで山道を走り、真っ暗の山の中に車を停めました

周りには、星のあかり以外何もありません

すぐ脇を流れている川の音と、たまに啼く獣の声




少し恐いなぁと思いながら見上げた空は、天の川までもがはっきりと見えるほど

流れ星もすぐに見えました




珍しく写真を撮る気になったので、カメラの設定を工夫します

星の写真を撮るのは初めてだったのですが、設定もすぐに決まりました

ちなみに三脚をつかうのが嫌いなので、三脚レスで撮りました




さて、そんな中、空を眺めていていろんなことを想いました

そして暫くののち、そこに見たのは宇宙

宇宙意識との繋がりを感じました




3時半くらいまで、その場所にて

また剣山を目指し走り始めました

そして登山口に着いたのが、4時半




道の駅から登山口までの40km、その半分以上は車も離合できないくらいの狭い山道です

その間なんと、すれ違った車はたった1台です

普通なら、そんな真っ暗闇の狭い山道をひとりで走るのは恐いもの?

ちゃまは平気ですけど




でも宇宙(ソラ)を車から出て真っ暗闇で眺めていた時は、ちょっと恐かったなぁ

137億光年の彼方に宇宙の果てがあるんですが、それってどうなってんだろうなんて考えたり




また、闇があるから光が存在するということを、じみじみと感じました

太極図にあらわされる陰陽の関係がまさにそれですね

ちゃまの今の命題もそれだと、自分で知っています




と同時に、宇宙と繋がっているような感覚もあいまって

なんだか ”ゾワゾワ”していいました




そして、「何で剣山なんだろう」って

その時もまだ、ぼんやりと考えていました




そして今日、その答えを知ることになります

そのお話は、また後日




今は、瀬戸大橋のSA でこれを書いています

写真の編集がここではやりにくいので、今日の写真は昨夜ここ、瀬戸大橋で撮影したものです

これもハンディで撮影しています(三脚嫌い、めんどくさいから、笑)







今日はまた、岡山にもどります

また暫く、岡山で過ごします




今日までに走った県は

山梨、静岡、愛知、岐阜、滋賀、京都、大阪、兵庫、岡山

鳥取、島根、広島、岡山、香川、徳島、香川

走行距離は850km、大した距離じゃないけど充実しています




昔は長崎まで1日で1,250km 走っていました

急ぐって、よくないですね




ふわぁ〜

夕べ1時間と2時間、合計3時間しか寝ていないので少し眠いです

安全運転で帰りまーす




インラケチ ∞ ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

病状のなりゆきに合わせで変更してゆきます  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 17:01Comments(0)

2013年08月12日

放浪の旅 9日目 岡山





昨夜は、随分ぐっすり休むことが出来ました

目覚めは、いつも痛みで始まっていた毎日でしたが

今朝は、痛みも少なく動くことが出来ました




ここのところ朝はミキサーで、バナナと桃と牛乳をミキシングしたものを飲んでいました

最初は、岡山のご縁を頂いた方の差し入れのバナナと桃で

その後は自分でスーパーで買ってきたバナナと、山梨のお友達が届けてくれた桃で

身体にいいから頑張って飲んでいたんですが、なんせ口の中の痛みが凄いんです

しみるという次元を超えた痛み

でも、ほんとうは美味しいんだぞと自分に言い聞かせて飲んでいました、笑




そして今朝、普通に美味しいという想いで初めて飲むことができました

まだ若干の痛みはありますが、それより美味しいが勝っています

いやぁ、健康はありがたいと、今更のように想いました

美味しくご飯を食べられたのは、一週間ぶりでした




身体の痛みも、随分和らぎました

多分あといちにちで、完治にするんじゃないかなって思います




身体が軽くなったので、午前は少しお出かけしました

近所を車でドライブ

ここは、海までほんの数分なんですが

島と島の間を埋め立てたり、橋を渡したりして繋いでいるようで

入り組んだ海岸をたくさん走ることができます

また、島は平地が無いので小高い山道もあります




そんなところをぐるぐる走っていて、たくさんの神社をみかけました

見かけては、お参りさせて頂きました

この土地とのご縁に感謝しつつ




全部スマホですが、今朝回った時に撮ったものです















































































































最後の素戔嗚神社が、やっぱり落ちつきます

今回の旅は、素戔嗚尊で導かれていました

出雲でも、数多くの素戔嗚尊にまつわる話や場所を必然的に辿りました

そしてこの素戔嗚神社、なんと今居る家から車で2分くらいなんです

小高い丘の上にあり看板も何にもないので、地元の方もあまり知らないようです

でも、着いちゃいました




小高い丘ののそのお社からは、笠岡の街が一望できます

氏神様なんだと思います




夕べから、素戔嗚尊の流れでもあるんですが、剣のメッセージがたくさん来ます

尋常ではない確率で出てきます

三種の神器の鏡と勾玉はその意味を自分のものとして感じているんですが、剣だけはまだしっくり来ていません

そしていよいよ最後の神器、剣が来ているような気がします

それがまだ何なのかは、判りませんが




さてと、少し疲れたので

午後は、おとなしくしてます




明日は、多分動き回るどー

インラケチ ∞ ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

病状のなりゆきに合わせで変更してゆきます  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 13:07Comments(0)