人気ブログランキングへ

2014年07月31日

Peace Candle Night in 山梨




広島入りしました




旅も17日が経過し、体力的にかなり厳しい状況になっています

夏場の旅は睡眠時間が短いということもあってね




書きたいこともたくさんあるんだけれど

とにかく色んなひとに逢えるチャンスが、たくさん在り過ぎて

書いている時間がとれないままの、今日

数年間、毎日いちにちも欠かさず書き続けていたブログも

おやすみしています




今夜は、旅仲間の十輝のライヴに行く予定で会場まで行ったんだけれど

体力的に「これはあかん」と判断し

十輝と、その仲間のみほちゃんにはほんとうに申し訳なく、残念だったんだけれど

ライヴ参加をキャンセルさせてもらい、寝床を探すことに




しかし、広島市内では温泉入ってからモーターハウスで寝るような場所を探すのが困難で

且つまだこの時間は暑いということで、この旅初めてのビジネスホテル泊にしました




広島市内では、落ちつかないので

すこし外れたところを探し、結局宮島のド真ん前のホテルに来ました




明日が、この旅ふたつめの「本番」

平和の火の採火式




そこに向け、身も心もスピリットも整え参加させて頂きます

旅の途中で火をお届けする先も、凡そ見えてきました




京都、鳥取、鳥取経由出雲、大阪、兵庫、長野

群馬の話もあるんだけれど、現在不確定




そして、ちゃま企画による山梨でのキャンドルナイトも決まりました

詳細、フライヤーを見てくださいね




山梨のみなさんのご参加を、お待ちしております

8/13夜 @コロボックルです




平和、調和を共に想い、祈ることができたなら

幸せです




a i e i a

One Love



  
Posted by 放浪太郎 at 23:21Comments(0)

2014年07月22日

放浪の旅 九日目




今回の旅、以前にも増して強いシンクロが続いています

深い意味ありげな、動きになってきています

そんな最中、富士祈りのセレモニーの主宰である比嘉さんのブログ記事に関する情報が、耳に入りました




比嘉さんのブログを、リンクします

http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2206.html




かなり辛辣な内容です

この中でも書かれていますが、比嘉さんは予言者ではありません

目に見えない存在からの啓示がそのまま、書き起されています




そしてその災いの回避のため、比嘉さんご夫妻は

日本中、世界中で、ご神事をされる日々




ご本人から直接、そういうお話を伺う中で

その大変さを、僅かばかりながら知っています




9.11テロ、3.11震災に関する啓示は

まさにそのものの内容であったことを、以前読みました

(災いが起こる前に、書起されているものです)




それを避けるために日々大変な状況の中で、ご神事をされているが故

その啓示を防ぐことができなかったことにとても深い傷を受けていたお話も、直接聞きました




今回リンクした内容の信憑性は、おひとりおひとりが感じとって頂くしかありません




今回の旅、何故

この時期に設定し

このルートを周り

平和の火を運ぶことを決め

それ以外のお志事を殆ど入れなかったのか




ここで全てを書くには、余りにもシンクロが在り過ぎます

しかし、それらのシンクロからちゃま自身が感じ取っていることがあります




ちゃまは、このようにこの旅と向き合います

つまりそれは、自分の暮らし、生き方そのものでもあります




1. いかなる未来も、恐れない

2. 調和に向かい、自分にできることをひとつひとつ丁寧に、やる

3. 日々を明るく生き切り、それがひとへの力になれるならば尚佳し

4. つい、当たり前だと思いがちな今という時に、感謝




大地があるのは、当たり前か?

空気があるのは、当たり前か?

そこからの、感謝







a i e i a

One Love




これを書いた今日

奇遇にも、9日目か。。。


  
Posted by 放浪太郎 at 18:45Comments(0)

2014年07月21日

放浪の旅 八日目


((( 以下はFacebook からの転記です )))



禊、やっときました




近くに居たひとに

撮って貰いました






こちらはスライドショウ(fb のひとしか見られないのかな。。。)

https://www.facebook.com/photo.php?v=642681285818431&l=6717197439317452161





One Love

  
Posted by 放浪太郎 at 21:21Comments(0)

2014年07月20日

放浪の旅 七日目


今回の旅で参拝した全ての神社を、Facebook では公開しています

7/19 時点で、23の神社を参拝しています




((( 以下はFacebook からの転記です )))


旅神社 其の二十二、二十三(神社じゃないけど)
23はシンクロのメッセージ
の数

昨日先導してくれた車は、616
今朝通った国道は、161

616+616=777
777を
すると

--------------------------------------------------------------------------
エンジェルナンバー「777」

おめでとうございます!

あなたは、聖なる導きにじっくりと耳を傾け、
スピリチュアルな叡智を実りある行動に移しました。

あなたは今、そのご褒美を収穫しています。

あなたの成功は他人にインスピレーションを与え、
助けることになるので、その調子で続けてください。
------------------------------------------------------------------------------

スピリチュアルという言葉は毎度お話しているように好きではないけれど
その地に
足が突いた状態をスピリットと呼ぶならば、それは本来の道かと

そしてそのとき現れた標識には、黒龍の地名
黒龍の数霊は、101

その後目にした標識は
161-16.9
陰陽調和

そして国道は303へ

そこに現れた標識は
大津 66km
高? 22km(走っていたので覚えられなかった)

--------------------------------------------------------------------------
◆エンジェルナンバー 66
*この時期は、天の方向へ思考を向けていて下さい。
そして過度の物質的な心配や執着は避けましょう。
--------------------------------------------------------------------------
◆エンジェルナンバー 22
・あなたの深い確信が、奇跡や新たな素晴らしい機会を生みだしてくれます。
信じる心を持ち続けて下さい。
--------------------------------------------------------------------------

先へ進むと、大きな観音様が目にはいり行ってみた
敷地に入るなり、1.5m は悠にありそうな黒っぽい大きな蛇が足下50cmの距離で頭を持ち上げ飛ぶようにバサッと草むらに消えた
流石に少し驚いて「うわっ」と思わず声が出た

敷地に入るとグラウンディングの向きのエネルギーを強く感じる
先月関西の旅で訪れた晴明文殊院を思い出した

旅は続く
琵琶湖へ戻っています
















a i e i a

One Love


  
Posted by 放浪太郎 at 20:20Comments(0)

2014年07月19日

放浪の旅 六日目



((( 以下はFacebook からの転記です )))



敦賀原発、昨日

のどかな海岸道路を走りました
途中にはいくつもの綺麗な砂浜の海水浴場がありました
海水浴をしているひとは一組だけしか見かけませんでした

原発のすぐ手前だと知らず車を停めて海に足を入れてみました
水は綺麗で海藻も生きています
稚魚も泳いでいます
鳶やウミネコも飛んでいます

そこは丁度山側から水が流れ込むところだったのでそこにも足をいれてみました
冷たい水でした

原発の周りは鉄条網付きのフェンスが張られていて、警戒監視の看板が執拗に掲示してありました
ところどころには、監視カメラもありました

原発の入り口はものものしい警備で、多くのひとがそこで働いている様子が伺えました

その先にある、原発資料館にいってみました

入り口には、いかにも受付嬢的な女性がいて、ぎこちない笑顔で対応してくれました

そこかはらは、原発を望遠鏡で見ることができます

そこには、1〜3号機が見えました

その他展示パネル、展示物、立派なシアターもあり、ゆっくりと見て周りました

しかしどこにも、震災を踏まえた上での安全性の説明はありませんでした

元からあったと思われる、手前味噌な安全説明や、環境貢献、社会貢献が、詳しくアカデミックに説明されていました

そこそこ広い資料館にいた客は、ちゃまひとりでしたが、そこに出入りしている職員と業者さんは、目にしただけでも10名ほどはいました

資料館を出たあたりから不思議な感覚があり、空ばかりみあげていました

資料館の展示模型を見て気づいたのですが、ちゃまが海に足を入れたところは、一号機の排水口があるところでした

道を更にゆくと行き止まりになり、そこには、小さな小さな漁村がありました

そこに向かう途中に出てきた標識の地名は、明神町でした

そう、今回の旅で四ヶ所も訪れている神社、神明のひっくりかえしです

立石地区と呼ばれる行き止まりのそこは、10数軒くらいのちいさな漁村です

年配の男性数名が、埠頭で座り込んで話をしていました

船着場の波はおだやかで、風も穏やかに吹いていました

家屋の後ろは山で、その山のすぐ裏側には原発があります

こちら側から見ると、そんなこと全く感じられません

船着場に座って、汗ばむような潮風を肌に感じながら、しばらく色んな想いが浮かびあがるのを、ぼんやり眺めていました

また同じ道を走って帰りました

行く時に海に足を入れたところは、駐車禁止の看板があったことに気づきました

この半島一体は、人間のエネルギーを感じるところが殆んどありません

昔はもう少し活気があったような痕跡はありますが、廃墟がいくつか目につきました

休みの日は、海水浴客で賑わうのかも知れませんが

自然は豊かで穏やかなのに、人間のエネルギーが感じられない、その「不調和が異様」でした

原発に2箇所から祈りました

災いが起こりませんように

でも、事故はなくても、活気がないその半島はすでに、死んでいるように感じました

ここで作られる、無機質なエネルギーを使っているのは我々です

暮らしの足元を、今一度見つめなおしてゆきたいと思いました

どうせなら、生きているエネルギーを動かしたい

少し疲れましたが、佳き経験でした



















































a i e i a

One Love


  
Posted by 放浪太郎 at 23:23Comments(0)

2014年07月18日

放浪の旅 五日目


((( 以下はFacebook からの転記です )))




昨日の夕方からずっとおなじ道の駅にいます

あ、温泉はいるのに一度出かけたけど

見おろす日本海が綺麗

まだモーターハウスの中でうだうだしてます

昨日はPC でお志事の調整や登録などをコン詰めてたくさんやったので今日はのんびり

昨日はご飯一食だったので今日はもすこし食べよ

お腹すいた

けど眠い

大和にいてもこんなのんびりすることはないからなぁ

放浪の旅はいーなー

お腹すいた







昨日パリ丼食べて、敦賀原発に向かうことにしました

いきなりひとつめはまた、えべっさん(投稿済)

つぎはまた、八幡さま

でもってつぎはまたまた、神明さん
神明さまはこれで四ヶ所目

そのつぎは、常宮神社
その中には、日本武尊も

それらを経由し敦賀原発へ
ちなみに国道8
県道33、141と通過
帰り141でちゃまを先導した車は、616

8+3+3+1+4+1+6+1+6=33

8×33×141×616=22,929,984
984-929-22=33

3は調和の基礎数

従って、33は調和の調和で大調和

3+3=6
3×3=9

369 は、ミロク
ミロクの世は、調和の世界

また、69は陰陽調和の象り

そういえば、この後訪れる清明神社では陰陽であることから、6+9=15円をお賽銭にしましたが、15も3で割れ陰陽調和

1+5=6
1+5+3=9
もういいか

33の数霊を検索すると、「プレアデスたちが最終調整に入った」というのもありましたけど

原発からの帰りに、晴明神社
そう言えば、ここで晴れ明かりました

ここで空をみたとき、来ている感覚がありました
去年の富士祈りのセレモニーの時に感じたものと同じ感覚、同じエネルギーの空でした(この話は別の話に繋がります)

ここまで回ったとき、その全体の回り方にある特別な感覚を覚えました
今までの旅の経験からして、神社巡りの流れに意味が起こるんだけれど、今回は今までにはない流れを感じています

さて、続きはどうなることやら






One Love

a i e i a


  
Posted by 放浪太郎 at 23:33Comments(0)

2014年07月17日

放浪の旅 四日目



旅をしていると、色んな気配を感じます

ちゃまは、怖いと感じることは余りありませんが

明るい気配と、暗い気配は感じ分けます




今日は珍しく、ちょっと怖いな

かなり重たいな、、、と感じる場所にさしかかりました




勘違いかな

いや、思い込みにしては重たいな

と思っていると、間もなく標識が現れ

そこは、古戦場であったことを知りました




多くの念と命が交錯したその場所には

何らかのエネルギーが残存する

もしくはゲートとして残るような気がします




和らぎますようにと、祈り

清めました






((( 以下はFacebook からの転記です )))




放浪の旅、四日目




日本海

取り敢えず北上してみました




大雨洪水警報が出ていましたが

すっかり雷雨も強い風も止みました




波打ち際に足を濡らしながら

砂浜から岩場までをのんびり散歩

貝も海藻も色んな種類の小さな魚も潮溜まりにいました




海はとてもぬるんでいました

夏ですね




砂浜をふたつにわけるように

山から流れ込む淡水が小さな川を作っていました

その浅瀬にも稚魚がたくさん泳いでいました

そこに足を入れると海とは違ってひんやりとしていて

そこに居たのは淡水と海水両方で生息できるボラの稚魚だったのかもね




そして海岸沿いを更に北上

海を見おろせる道の駅で今日初めてのご飯を食べました

もう夕方だけど、笑




海と空が溶け合っていました

地球と宇宙が繋がるところ




この後暫くくつろいで温泉へ行って

今夜は海の近くでモーターハウス泊かな

然程暑くないので今夜も眠れそうです




写真は相変わらずiphone です

でも今回の旅ではデジイチも結構活躍していますよ

まだ一度も撮ったもの見てないけど















One Love

  
Posted by 放浪太郎 at 17:18Comments(0)

2014年07月16日

放浪の旅 三日目





日本海に出て南下するはずが、何故か

山梨、長野、岐阜、滋賀と巡り琵琶湖の北岸まで来ました

既に、色んな方に逢いました




数えてみたらね、既に16人逢ってます

ちなみに神社は、12社参拝しています




そしてここから北上すれば、いよいよ日本海です

昨年の旅で、銛(モリ、ヤスとも云うけど)を壊してしまったので

上州屋かどっかで、購入しないと




素潜りで魚突いて、焚き火で焼いて食べます

海岸線には、漁業権なるものがありますが

「ま、ひとりが一食分くらい採るの許してよね」って感じですけどね




この三日間は、涼しく寝ることができています

幸いにも、涼しいところを巡ったので




さて、これが日本海に抜けるとどうなんだろう

暑かったら夜は山に逃げ込んで、川をお風呂にしよう




そのそもちゃまが、ビジネスマン時代に自分を保っていられたのは

年に何回か、ひとりで山に入り

川原でテントを張って暗闇の中、焚き火と共に野営をしていたからです




そんなときに、癒しが起こり

命のエネルギーが湧きあがってくるのを、感じていました




ヒーラーとなった今、その道理を、知識と感覚で知ったのわけだけれど

結局は、宇宙と大地の狭間にあるニンゲンという存在の位置と意味に答えがあったんだね




囚われなのい、のびやかで逞しいスピリットで我が身を串刺しにして

明日も穏やかで、朗らかで、命溢れる放浪の旅を続けようっと




直感に導かれるまま、俺は俺を信頼して

いつも支えてくれる大地に、感謝して

こころ豊かな暮らしを星空に、祈って




a i e i a

One Love








((( 以下はFacebook からの転記です )))




旅、三日目




今日はまずは岐阜に向かいました

当初の予定では日本海に抜けるはずだったのに、不意に「そっち!」って誰かが耳元で囁きました

ま、その囁いたのは誰かってゆーと、多分俺だとは思うけど、笑




ほんの少し前に出会っていためぐみちゃんと再会し蓮畑の前で、ぶどうとブルーベリーをぽちぽちつまみ食いしながらお話しをしました

わすがな時間だったけれど、佳き変化点になるといーね




んでなんとなく今度は誰か耳元で「ひでおちゃん!」と囁いたような気がしました

ま、その囁きは誰かというと、やっぱりちゃまだとは思いますけどね、笑




で、ひでおちゃんに電話してみたら、なんとベストタイミング

お互い西と東に走り始める頃合いで、ならば真ん中くらいで逢おうかって話になって




※ その時の不思議な流れは既に別のスレッドに書いたんで割愛ね ※

それからちゃまは琵琶湖を目指し走りながら、お風呂を探す




3月の旅もそうだったけど、風呂探しは、行きたい!って思うと結構簡単に現れるんだよね

で、お風呂入って、その休憩室でのーんびり横になってくつろいでたわけですね

だって車に戻ると、あぢぃ ^^;



だけどお腹も空いたので、諦めて戻ってきたところ、なう、な、わけですよ

あー、めっちゃお腹空いたー




琵琶湖まであと30分くらいみたいだから、走りながらご飯探そう

夜は湖畔の道の駅でモーターハウス泊の予定

それまでビールはおあずけだなぁ

でも、冷蔵庫の中でワインが冷えてるから、それも楽しみだにゃー

では、また走り始めまーす




ってことで、まだ三日目は終わらないけど先に投稿しといて、後は食べて飲んで寝るだけー

明日は日本海に抜けまーす

きっと、多分、恐らく、願わくば








((( ※ その時の不思議な流れは既に別のスレッド ※ ってのを以下に掲載 )))


ひでおちゃんと伊吹で待ち合わせよう、ってことになり

スマホナビで、伊吹・岐阜、って検索したら画面がびゅーんって飛んで

ピタッととまったところに何故か、伊富岐神社ってのがロックオンされてしまいそこに向かうことになっていた、笑




到着5分ほど前に走っていた大きな国道をいきなり右に曲がれとの指示

おかしいなと思いながらも曲がると少し走ってすぐ左に曲がれとの指示で、くの字を描く形ですぐに国道に戻された

しかしわずかその2分程の回り道の途中に、さっき立ち寄ったのと同じ、神明神社があった




なんだそれー、と思いながら目的地に到着したら既にひでおちゃんが居た

一緒に参拝し、骨笛で月夜鳴(つくよめい)を奉納演奏させて頂き、ひでおちゃんと別れた




ひでおちゃんは東に、ちゃまは西に向かいます

銭湯探しながら琵琶湖でも目指そうかなぁ







7/17 - そろそろ日本海かな

7/25-26 出雲(結婚野外フェスLIVE )

7/27 鳥取

7/29 笠岡(岡山)(アクセサリー納品、LIVE ?)

7/30 - 31 岡山(photo ws、たゆたいむ、土地のお清め)

7/31夜 - 8/1 広島

8/3 天河(奈良)?

8/4 京都

8/15頃 山梨で平和の火を灯し、キャンドルナイト

8/25 龍氣ヒーリング伝授

8/30頃 新潟 ?

9/15頃 宮田村(長野)?

9/20-21 遊民谷(群馬)
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 23:59Comments(0)

2014年07月15日

放浪の旅 二日目





3月のひと月の旅も、そうでしたが

旅を始めると、不思議なシンクロが数多く起こります




ご存知のように普段から、不思議シンクロ製造機のようなちゃまではありますが

旅となると、その装置の威力は倍増するようです、笑




これはどういうことなんだろうと、時々考えます

これはちゃまが何の拘りもなく、導かれるまま、直感のままに

只、ふわふわ動くからだと思います




求めることも、ありませんし

恐れるものも、ありませんし




必要なときに、必要なところに、たどり着くようです

広島へ平和の火を分けて頂きに行く件は、まさに「今でしょっ!」てタイミングで知りましたしね




こういうのを使命というのだろうなって思うと、何だか嬉しくなります

わくわくしてきて、生きてる〜っ! て、感じになります




今を、生輝る

感謝の意味と位置を、知る




昨年夏の旅の途上、これまた不思議なシンクロが起こり

ある方が、ちゃまに届けてくれたメッセージです

マザーテレサからの、お言葉だそうです




a i e i a

One Love




((( 以下はFacebook からの転記です )))




旅二日目




小淵沢を出発し、昨日一旦大和に帰った湖雪ちゃんがさきちゃんを車に乗っけて向かった諏訪で再び合流

何度も何度も来ている諏訪なのに、お約束かのように道を間違えた湖雪ちゃんはかなり遅れて到着

待ち合わせは取り敢えずハルピンラーメン、笑




その後、諏訪大社本宮、ミシャグチ、前宮を3人で参拝

そこでふたりとは別れ、ちゃまは次の目的地、長野は宮田村へと向かい、ここでお約束していたみなさんと再会




ここでまたプチミラクルは、ちゃまがここに来ていることを知らない方がたまたまちゃまが来ていることを知り、訪ねてきて下さった

前回ここでお逢いしたその方は、ご自宅で採れたブルーベリーをたくさん届けてくださった

というのも前回お逢いしたときに、是非食べて欲しいと言われていたもので、なんで今日たまたまそれが叶うかなと、笑




その際、土地のお清めのお志事を依頼され、9月にまたこの地を訪れやらせて頂くことに

この地は、全国に広がるちゃまのコアな活動拠点のひとつであり、またその時には他の色んなお志事もさせて頂く流れになりそうです

ありがたいです (^^)




また、先に再会した方々とは、山梨の天然石屋さんをちゃまと巡るツアーをやる話で盛り上がり、それもまた9月にやる方向で話を進めることになりました

んでもって、今日は愛ちゃんがお志事のために借りているアパートメントをみなさんとの再会のため貸して貰い、家主の愛ちゃんはバイト他の用事で居ないという、なんともまたゆるい感じで旅は続いております

シャワー貸してもらい、また次の地へと旅立ちます




次の目的地は岐阜に決まり、そこではつい先日出演させてもらった妖精舞踏音楽会で出会った方に早くも再会することになりました

その方、たまたま明日がお休みだったらしく、これまたシンクロかな

新潟から日本海を南下する予定だったのが、早くも大変更らしいです、笑




さて、明後日はどこにゆくのやら

全く自分の明日がわからない旅が続くのでありました

てなわけで、今日は家主不在のアパートメントでシャワー前の足でした、笑

佳きかな、佳きかな







7/17 - そろそろ日本海かな

7/25-26 出雲(結婚野外フェスLIVE )

7/27 鳥取

7/29 笠岡(岡山)(アクセサリー納品、LIVE ?)

7/30 - 31 岡山(photo ws、たゆたいむ、土地のお清め)

7/31夜 - 8/1 広島

8/3 天河(奈良)?

8/4 京都

8/15頃 山梨で平和の火を灯し、キャンドルナイト

8/25 龍氣ヒーリング伝授

8/30頃 新潟 ?

9/15頃 宮田村(長野)?

9/20-21 遊民谷(群馬)
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 23:59Comments(0)

2014年07月14日

放浪の旅 一日目





ちゃまは潔く、ひとのお世話になります




日本人特有の

「いえいえ、そちらがお先にどーぞ」 「いえいえ、そちらこそお先にどーぞ」

的な姿は、それはそれで美しいと思います

しかし、自分はそれは得意ではないようです




進められれば、凡そすっぱりと

「ありがとう」と、受け入れさせてもらいます




それはその逆もそうで、ひとに何かをさせてもらうときも

凡そその、すっぱり加減でやります




ある意味「いい加減」でもあるので、ひとによっては快く思われない方もいるでしょう

でも、そういうちゃまでいられることが一番自分らしいし、何よりも楽なので

そのように甘んじております




その結果、そういうちゃまを受け入れてくれる方だけが、ちゃまの周りには残ってくれます

甘んじることはある意味、「受け入れられない自分を赦す覚悟」でもありますね







((( 以下はFacebook からの転記です )))




旅一日目




個展3ヶ月間、おかげさまで、佳きかな佳きかなな感じかなの中で無事終わりましたー

キキさん、ほんとありがとね

自家製椎茸、美味しかったよー




お友だちも来てくれて

よく考えたら今日来てくれたのはふたりともユキさんでしたね

あ、コユキさんもいましたね

由貴姉は相変わらず男前でしたな、笑




んで、キキさんと湖雪ちゃんとお蕎麦さんで3ヶ月の個展の打ち上げ

美味しいお蕎麦に、美味しい雲、笑




その時、新潟のある方からの電話はビックリするようなオファーでして、そのうちお話しできる日もくるかな

旅の初日から、またまた凄い幕けとなりました




そのあと、サンディアカフェに

晴子さんLIVE以来だったけれど、また濃い顔ぶれが




そしてキリさんに、写真集とCDをプレゼントして、軽くヒーリングやったら効果てきめん

なんてな流れで全部おごってもらっちゃいました




そんなつもりじゃなかったんだけど、ありがたくお言葉に甘えさせてもらいました

キリさん、いつもありがとう




そんなこんなで、旅の初日からまた色々と巡り始めました

んでもって、今夜はモーターハウス泊

おやすみなさい




あれ?

ユキさんもたくさんだったけど、キキさんとキリさんてのもなんやシンクロ気味やね




ま、いっか

眠いし、笑














旅先の不便故、fb から写真を持って来たので画質が悪くて、みなさんごめんねー




a i e i a

One Love




8月中旬まで、放浪の旅(平和の火と共に)

7/25-26 出雲

7/27 鳥取

7/29 笠岡(岡山)

7/30 岡山

8/1 広島

8/3 天河(奈良)

8/4 京都

8/15頃 山梨で平和の火を灯し、キャンドルナイト

8/25 龍氣ヒーリング伝授

8/30頃 新潟???

9/15頃 宮田村(長野)

9/20-21 遊民谷(群馬)

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 23:59Comments(0)

2014年07月13日

明日、旅立ち





いよいよ明日、旅立ちます

3月にひと月の旅をしてから、早3ヶ月半が経過




3月は沢山のお志事を、たくさんの県でやらせて頂きました

LIVE、7県

Radio 出演、2県

他には、トークセミナー、photo workshop、ヒーリング、などなど




そして、その旅から戻ってから今日までにも

何度か県外へ出向いたり、大きなイベントがありました

長野、群馬、栃木、東京

遊民谷野外イベント、富士祈りのセレモニー、などなど




そして今回の旅は、3月とは全く質の異なる旅になるようです

前半は出雲に向け、日本海を南下します

何故日本海沿岸なのか、その答えは旅の中で気がつけるような気がしています




出雲からは、岡山を経由し広島へ

広島では、平和の火を分けて頂きます




その火をもって、さてそれからどこへ向かうのでしょうか

天河、大阪など、行ったり来たりするあたりまでは何となく決まっています




その後、もしかしたら長崎に火を届けるのか

その辺は未だにに不透明なままですが、取り敢えず旅立ちます




この流れが不意に訪れたのは、ほんの数日前でした

今回の旅の予定をずっとたてていなかったのは、何かがあると予感していたからでしたが

それが、この流れでした




ちゃまの生い立ちからしても、本筋をたどっているような気がしています

企業人を辞め2年半、様々なお志事でみなさんに支えて頂きましたが

これから更に " one shift " するのかも知れませんね




さやきこころで訪れる風を感じながら、たゆたう日々を暮らします

佳きかな、佳きかな







a i e i a

One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日、そして旅立ち

8月中旬まで、放浪の旅(平和の火と共に)

8/25 龍氣ヒーリング伝授  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 11:03Comments(0)

2014年07月12日

品位





笑う

そうひとことで云っても、色んな笑いがありますね




笑顔に向かうことは、佳きことではありますが

その笑顔の質にもよる、と思います




例えば、宴会で爆笑しているときの笑顔

これは、快楽の笑顔




悪くはないですが、ニンゲンの根源的光ではないように思います

ちゃまは、下品なひとは好きではありません




下品とは、その容姿や、口先や、表面的な行動でななく

こころの中に持っている、品位の現れです




口先がお上手で容姿端麗であっても、下品だと思うひともあれば

見た目は冴えなくて口べたであっても、品の良いひともいます

ひととしての、品位




その品位はときに、笑いに現れます

根源的な光に振れたとき、ひとはゲラゲラとは笑いません

お釈迦様やお地蔵さまのような、うっすらとした笑みが自然に生まれます




目指す笑顔溢れる世界は、そういう笑みが溢れる世界

そんな中で、たまには大笑いもいいさね

ニンゲンだからね




根源的光の中に向かう自由、と

欲望的淀みの中にある自由、との違い

それは、笑顔の品位に現れそうですというお話でした







a i e i a

One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/8 龍氣ヒーリング伝授

7/9 来客

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日

7月中盤から8月前半にかけて、日本海の旅

8/25 龍氣ヒーリング伝授  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 09:46Comments(0)

2014年07月11日

ひたむきに





50年を生き、振り返るとき

多くの学びがあったことを、知ります




学びの深みは、そのときの「ひたむきさ」で変わることも知ります

ひたむきな姿勢は、その全ての責任を自分でとる覚悟から生まれていたようです




そういうと、堅苦しいですが

その時その時、自分の中に在る直感で

「これで行く」と明確に決めたことは思い出すことができます




無茶も、相当したように思います

台風で大荒れの長崎の海に、ボディーボードで出て死にかけたり

無茶な遊びで、死にかけたり

仕事やりすぎて、死にかけたり




どんだけ、死にかけてんねん、笑

でも、それくらいに懸命であったと思います




命を懸けると書いて、懸命です

賢明とはほど遠いですけど、笑




今は、囚われないということ

宇宙と自然と共に生きる自分を信じ「たゆたう」ことに、ひたむきです




ちゃまの自由の根底にある覚悟が、そこに在ります

でもやっぱ、それほど大仰に決心しているのではなく

「いや、それっしょ、いけるっしょ」的ノリには違いありません




海の経験から、多くを学びました

大学5年生のとき、一年間で325日、海にいました




大自然のおおらかさや、険しさを肌で知り

その中から、ニンゲンの弱さと尊さを学びました




多くのひとを、傷つけました

またある時は、傷つけられました




その中から、関係性がどう成り立っているかを学びました

関係性は存在せず、常にお互いの中にある独自の世界の中で

物語りは進行していることを、知りました




そんな学びの中から、今の暮らしにシフトして2年半

その暮らしの豊かさと確からしさを、肌で感じています




道は今、ここに在ります

その道の先に在るものは、たくさんの笑顔と光

その道の過程に在るものもまた、たくさんの笑顔と光




この道、どれだけ先に行くかではなく

今に全てが在ることを、ひたむきに経験する毎日です




旅 長崎の海 去年の夏







a i e i a

One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/8 龍氣ヒーリング伝授

7/9 来客

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日

7月中盤から8月前半にかけて、日本海の旅

8/25 龍氣ヒーリング伝授  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 11:07Comments(0)

2014年07月10日

Peace Flame Movement




まずは、こちらをご参照ください

http://united-earth.jp/project/pfm/






この度、この活動のピースフレイムリーダーのひとりとして

おつとめをさせて頂くことになりました




7/14より、またひと月ほど旅に出ますが

今回はなんだか、旅の予定を立てる気になかなかならず

ぼんやりしていたところ、この活動がふと目にとまりました




その記事を、facebook でシェアしていたのが

度々ちゃまの写真にも登場する我が魂の兄弟、國友悠一朗でした




そこには、これまた度々ちゃまの写真に登場する音楽家の岡野弘幹さんや

調和を目指しそれぞれに活動をしている全国の知人が、集うことを知り

8/1 広島で行なわれる採火式に、参加させて頂くことにしました




それを決めた直後、プロミュージシャンの桑名晴子さんからもご連絡を頂き

晴子さんにちゃまより、この火をバトンする流れができつつあります




8/1 以降はこの「平和の火」と共に、旅を続けます

全国を巡りながら、リーダーとしてのお役目を果たして参ります




8/3 天河、8/7大阪という流れはほぼ確定のように思いますが

その先の流れは今のところ、open にしてあります




ご縁を頂く中で、お役目を果たしてゆきたいと思いますので

どうぞ、ちゃまをお使いください




3月の旅と違って、今回の旅は収入がほとんどありません

今まで皆さまより頂いたお志事で得たお金を、この旅に費やして参ります

こういう巡りの中で暮らしてゆける道を選択したことを、嬉しく思っています




ちゃまのエネルギーと、平和の火がもたらす意識が

旅する各地で化学反応を起こす姿が、見えるような気がします




ゆるやかに、穏やかに、しなやかに

一方でダイナミックに動きますので、よろしくお願いいたします




富士祈りのセレモニー2014、國友悠一朗が舞う














a i e i a

One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/8 龍氣ヒーリング伝授

7/9 来客

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日

7月中盤から8月前半にかけて、日本海の旅

8/25 龍氣ヒーリング伝授  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 07:10Comments(0)

2014年07月09日

ネクタイ





ちゃまも昔は、ネクタイをするひとでした

今の仲間たちは、想像できないと云いますが

いたしかたない、笑




この暑い最中、スーツを着てネクタイをして汗を流している

サラリーマンを見ると、ご苦労さまですと思います




もともと、ビジネスマン時代から堅苦しい格好が好きでなく

その立場には、一般的にはふさわしくない出で立ちではありましたが

襟のあるシャツを着て、汗を流してはいました




どうしてあの世界は、あのような格好をしなくてはならないんだろうと

あの世界に24年間も身を置いていながら、未だに不思議です




それに比べ今、実に楽です

身を置く環境も、衣類も、凡そ締めつけはありません




締めつけられている、と感じるとき

それは自らが、締めつけられる環境に身をおいています




締めつけのない、ゆるやかな環境に入るには

或る覚悟が必要、かも知れません




大した覚悟では、ありませんが

その覚悟は、自分を赦せるかどうか

そこに、在るように思います




自分を赦すには、自分を知ることです

自分のいいところも悪いところも、知るのです




悪いところはなくしたいと思うのが、ひとの常ですから

知れば自ずと、変わり始めます




目を背け、知らないふりをする

それは、ひとのせいにすることで成り立っています

社会のせいにするのもまた、同じ




また、ひとのせいにすることと

「ひとのため」と思う意識の向きは、実は同じです




ひとのため、ありきではなく

自分らしく生きることが、ひとのためになる




それは、只の結果であり

でも、ひとのためになっているかどうかは

その道の確からしさの道しるべ、でもあります




俺なんて所詮こんなもんだもんねー

と思って、暮らしています




そりゃぁ、楽だよね







a i e i a

One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/8 龍氣ヒーリング伝授

7/9 来客

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日

7月中盤から8月前半にかけて、日本海の旅

8/25 龍氣ヒーリング伝授
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 07:09Comments(0)

2014年07月08日

伝わる





モノゴトが伝わるときって、言葉ではないと思うんですね

ハートありき、というのは勿論だけれど

言葉に漂うそのハートのエネルギーが、伝わるんだと思います




伝えようという想いや、相手を変えてやろうなんて想いが入っていると

同じ言葉を話していても、その気持ち悪さが伝わってきますしね




ちゃまは演奏するとき、その想いを音に乗せます

例えば、骨笛の演奏であれば

その想いは、「息そのもの」です




そのように、いくつかの伝え方はあるにせよ

伝えることは、然程大事だとは思わないんです




只、何かの気づきのきっかけを

道端に咲いた花を摘んで、そっと傍らに置いてゆく

そんな感じが、いいですね




そのきっかけが、学びに繋がるといいですね

所詮自分にできることはそれくらいで、結局は本人の選択の問題ですから




ひとは日々の暮らしの中で、学びを繰り返します

「その学びから、ちょっとだけ深まった自分」で生きること




その細妙な変化の積み重ねが生み出した、今の自分という存在そのものに

ひとが何かを感じてくれたりして、結果として何かが伝わる

そんな感じが、ここちよいです




変化、変容は、押し付けるものでなく

受けとる側で決まります

それを、学びといいます




受け取りの選択は、常に開かれていて

自由に選択できる暮らしが、いいですね




もし、そんな暮らしの中にいないと感じるならば

それは社会のせいではなく、自分がそんな場所に身を置く選択をした

ということですね




そろそろ目を覚ますひとが、増えつつあるように感じています

佳き流れがきているように、感じています




そのここちよいときに、隣りで

「戦争反対!」とか「核反対!」とか大声で叫ぶの

止めてくんねーかな




ひとを変えてやろうとするその態度が、気持ち悪いんだよね

それより自分のこと、身近な小さなこをを、も少しちゃんとやろーよ







a i e i a

One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/8 龍氣ヒーリング伝授

7/9 来客

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日

7月中盤から8月前半にかけて、日本海の旅

8/25 龍氣ヒーリング伝授
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 09:10Comments(0)

2014年07月07日

足りているのに




ここのところ、またあちらこちらに出かけています

6月は、関西の旅

富士祈りのセレモニー

そして、長野でのお志事




そして今月は、栃木北部の寺山鉱泉でのナイトライブ出演

KURI さんの、妖精舞踏音楽会への出演

それが終わるとひと月ほど、西日本への旅に出ます




ここのところ、以前にも増して

よりダイナミックに、エネルギーが動いている感じがします




それは、ちゃま自身にも

地球の周りにも




たくさんのエネルギーと共に動き

たくさんのエネルギーを動かすので

よく眠る必要も出てきます




そして近年稀にみる、大型の台風も来ているそうですね

これもまた、大きなエネルギーの現れだと思います




エネルギーの基本構造は、voltex です

渦であり、それは螺旋です




この象りは、自然界にも多く見ることができます

ニンゲンの中には、DNA としても見ることができますね




このように、エネルギーに意識を合わせると

周りの世界が、違ったものに見えて来ます




先日書いた、リアリィティの話とも通じるものですが

この社会で起こっている出来事の中にも、エネルギーのやりとりを見てとることができます




モノゴトは、このエネルギーのやりとりで起こっています

エネルギーを奪い合うのが、この社会

エネルギーを分かち合うのが、これからの調和の社会




世界各地に在った先住民族たちは、分かち合うことのできる豊かな民でした

何故、分かち合えたのか




それは

足るを知っていたから、です




何故、奪い合うのか

足りないと思い込んでいるから、です




足りているのにね

もう既に、充分に、足りているのに




写真は栃木、寺山観音寺にて




a i e i a

One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/8 龍氣ヒーリング伝授

7/9 来客

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日

7月中盤から8月前半にかけて、日本海の旅

8/25 龍氣ヒーリング伝授
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 07:07Comments(0)

2014年07月06日

ひとに問うとき





ひとに、問うとき

何故それをひとに問うのか、自問してみると

その問いの本質が、自分の中にあることに気がつくと思います




ちゃまは、ひとに問うことをしません

なぜなら、問いの答えは自分の外には無いと思っているから




例えば、「ちゃまさんは、何故そのような暮らしで生きていけるのか?」と問われれば

ちゃまは、「あなたは何故、そのような暮らしで生きてゆきたいのか?」と問います




例えば、「ちゃまさんは、どうしてそんなに色んなことができるのか?」と問われれば

ちゃまは、「どうしてあなたは、色んなことをやりたいのか?」と問います




答えは、問いの動機に潜んでおり、具体策にありません

しかしながら、問いなくしては答えもありません




私は、何のために生きているのか?

私は、どこから来たのか?

私は、どこへゆくのか?




なにか、どこかで聞いたような台詞ですが、笑

でも、そういう本質的な問いが、何気ない問いの動機の中に在るようです




ひとに向かって、問いを投げかけた自分に気がついたとき

その問いを投げた自分へ、今一度問いかけてみるもの良いのではないでしょうか




答えは既に、あなたの中に在り

あなたの外になどありませんよ、、、 た ぶ ん







One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/8 龍氣ヒーリング伝授

7/9 来客

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日

7月中盤から8月前半にかけて、日本海の旅

8/25 龍氣ヒーリング伝授
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 06:07Comments(0)

2014年07月05日

リアリィティ




写真家としての、自分がいます

ちゃまにとっての写真は、写真道




そこに有るものを、撮るのではなく

それを観る、己を写すものだからです




写真を通し、己を学びました

つまり、自分を見つめる多くの機会を得たわけです




その中の学びのひとつに、リアリィティに関する真理があります

自分の外に見えている世界がリアルだと、多くのひとが思っていますが

果たして、そうでしょうか?




リアル(現実)とは、自分の中にしか存在しないもののように思います

外の世界は、自分の脳が精妙につくり出した幻想のように思います

そしてその幻想世界のことを、三次元といいます




つまり現実は、ひとりひとりに内在するもので

否定したり、批判したり、奪ったりできないもののようです




ひとりひとりが、自分の現実を知れば

そこには既に、争いは存在し得ません




社会とは、幻想を写すスクリーンのようなもの

スクリーンに写った幻想に、喜怒哀楽せず

内なる現実に目を向けるときが、来ているように思いますよ




Drawn by Chama




One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/8 龍氣ヒーリング伝授

7/9 来客

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日

7月中盤から8月前半にかけて、日本海の旅

8/25 龍氣ヒーリング伝授  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 07:55Comments(0)

2014年07月04日

忘れん坊





ちゃまは、びっくりするくらい忘れん坊です

自分でも、びっくりするときがあります、笑




頂いている、アクセサリーの注文を忘れたり

お志事の予定を、忘れていたり




実際それによって、注文をキャンセルされたこともありますし

あきれられたことも、あります




それを、非常識と非難されることもありますし

それはそう想えば、そうだとも思います




しかし一向に、その忘れん坊を改める気は然程なく

おかげさまで、そんなちゃまを赦してくれるひとだけが

ちゃまの周りには、居てくれます




心配になって、わざわざ確認の連絡をくださる方々も結構います

そして案の定忘れていることも、ままあります




なんだか、本末転倒のような気もしますが

おかげさまで、穏やかな毎日を過ごさせて頂いています




ありがとう

マイペースで、ごめんなさい ^^;








One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

6/28 日本式霊氣療法アチューメント(伝授)

6/29 人生開拓能力開発プログラム「Presentation Coaching」@ちゃまさんち

6/30 pas a pas 在廊日(木陰でふわふわ by 湖雪)

7/1 LIVE @freebar-d(虹の戦士の語りと共に)

7/2 夜 photo workshop @ちゃまさんち

7/3 たゆたいむ @ちゃまさんち

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/8 龍氣ヒーリング伝授

7/9 来客

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日

7月中盤から8月前半にかけて、日本海の旅

8/25 龍氣ヒーリング伝授
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 07:47Comments(0)