人気ブログランキングへ

2018年06月23日

巡礼記-17



今日は 「人の目」 のお話。



巡礼は山伏姿の白装束と法螺貝という出で立ちで臨んだ。

一般の方にとっては普段目にしないその姿。

宗教と捉える人も中にはいるだろう。



奇異の目で見られることは珍しくない。

人其々の捉え方があるため、中には明らかに嫌悪感を示すひともある。

道ですれ違う人にはこちらから挨拶をするが、目を背け挨拶を返してくれない人も多い。



成る程、人はこのようにして自分の思い込みでジャッジし差別することも多いのだなと改めて知った。

生きる限りこの出来事はいつどこにいても、たとえ普通の格好をしていても起こっている。

避けられないものであるし、避ける必要もないものだ。



人に誤解された時、人はわかって欲しいと思うのは常だろう。

しかしそれは必要なことなのか。

俺は必要としない。



だって、その人がどう思おうと自分はなんら変わりなく、このままの自分なのだ。

わかってもらうことに時間を割き心を乱すより、自分の一歩を出すことに生きたい。

その一歩一歩が自分を磨いてくれる道を歩ませてくれるのだ。



目の前に起こる出来事は、制御できない。

地震がそうであるように、人と人の関係も然り。

制御しようと思う思考が心を苦しませる。



出来事は起こるのが然り。

ならばその出来事を観察し、思考と迷いは忘れよう。

その出来事から起こる自分の心の揺らぎをよく感じてあげよう。

なぜ自分はその出来事に対し、心を揺るがせるのか。

そこに自分がまた一歩前進するためのヒントがあるのだから。



人の目は存在しない。

人も目を氣にする自分が存在しているだけなのだ。

自分を生きやすくなれるといいね。



巡礼は様々な自分と向き合わせてくれた。

貴重な体験だった。



さて、いよいよ巡礼記も最終回もに近づいて来たように思う。

次回は、巡礼の爪痕のお話。

そして最終回は、長崎の平和公園にたどり着いた時のことを書こうと思う。






写真は、友だちが連れて行ってくれたファミレス。

ドリンクバーが飲めて嬉しい山伏。

人の目なんて氣にしてらんないよね(笑)






  
Posted by 放浪太郎 at 10:18Comments(0)