人気ブログランキングへ

2014年07月05日

リアリィティ




写真家としての、自分がいます

ちゃまにとっての写真は、写真道




そこに有るものを、撮るのではなく

それを観る、己を写すものだからです




写真を通し、己を学びました

つまり、自分を見つめる多くの機会を得たわけです




その中の学びのひとつに、リアリィティに関する真理があります

自分の外に見えている世界がリアルだと、多くのひとが思っていますが

果たして、そうでしょうか?




リアル(現実)とは、自分の中にしか存在しないもののように思います

外の世界は、自分の脳が精妙につくり出した幻想のように思います

そしてその幻想世界のことを、三次元といいます




つまり現実は、ひとりひとりに内在するもので

否定したり、批判したり、奪ったりできないもののようです




ひとりひとりが、自分の現実を知れば

そこには既に、争いは存在し得ません




社会とは、幻想を写すスクリーンのようなもの

スクリーンに写った幻想に、喜怒哀楽せず

内なる現実に目を向けるときが、来ているように思いますよ




Drawn by Chama




One Love, 大和より




4/14 - 3ヶ月 カミヒカリの国・写真展(ちゃまの個展) @pas a pas/北杜市 清里 最終在廊日7/14

7/5-6 LIVE & ファイヤーパフォーマンスイベント@寺山鉱泉/ 栃木

7/8 龍氣ヒーリング伝授

7/9 来客

7/10 撮影のお志事 @東京

7/12 KURI 妖精舞踏音楽会にて音霊演奏

7/13 来客

7/14 pas a pas 在廊最終日

7月中盤から8月前半にかけて、日本海の旅

8/25 龍氣ヒーリング伝授  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 07:55Comments(0)