人気ブログランキングへ

2014年08月25日

ちゃま物語り -4/12


今朝(8/22)見た夢がヒントでした

なんとなく書き始めたら、なんだか凄い内容になっちゃいました




ここには、ちゃまがどのように生き、どのように転機を迎え

そして、どのように今在るか、が書かれています




2時間くらいで、一気に書き上げました

悩んで書いたところは、一ヶ所もありません

全てが流れ出すように、書き続けました




政治や経済との関わりから、宇宙(意識)のことまで

幅広く、実話と主観で書いてあります




何編かに別け、毎日掲載してゆくので

よかったら、ごらんください




では。。。

-------------------------------------------------------------------------




ちゃまは24年間、立派なビジネスマンでした

もの凄く、頑張りました




で、死にかけました




しかしそれは、ひととしての生き方から目を背け

会社を成長させるということにフォーカスし、歩んだ道です

ひととしての自分の道を歩むことから、目を背けました




中堅社員だったとき、当時の課長にこんな話をしたのを覚えています

この仕事は、ひとの利便性には役立つけれど

地球破壊を推進していることに、とても違和感がある

こんな仕事はするべきではないと最近感じる、と




課長からは「お前は考え過ぎだ」と云われました

「もっと現実的に、モノゴトを考えろ」とも云われました




そうかなぁ、と思い

結局がむしゃらに仕事を続けました、24年間




そして結果的には、まぁまぁ出世しました

部長時代には、100人の部下を抱え

グローバルに見ると、10,000人ほどの従業員が関わる或る製品の、品質の責任を見る(とる)立場にありました




ビジネスマンとしての晩年

うちの部の方針は、ずっと変えませんでした

その方針は「自立と進化」でした




このスローガンの元に

個々の経営改善の具体的な施策と、その個々の効果から算出した予算を立て

その達成を、コミットメントするのです




なぜ、このスローガンに拘ったか

それは、ひとりひとりが、ひとりひとりの意思で立ち

予算達成という目的に対し、活き活きと邁進できる組織になって欲しかったからです

進化は、その結果必然的に現れるものだと思っていました




そして、更にその裏支えとして自分の中にあったものは

ひとりひとりが、自立に向け成長してゆく過程で

自分の中に喜びを見つけられるような、そんなひとになって欲しいと思っていました

とても過酷な業務だったので、それを願っていました




自分自身、24年間のビジネスマン時代に

もの凄く多くの試練を、受けてきました

本当に考えられないようなことが、ビジネスの戦場では起こっています

常にその最前線で、自ら突撃し戦ってきました




そこからの学びが、深くないわけがありません

そして、過労で命を落としかけました

自分の命と、真っ正面から向き合いました





(明日に続く)





旅の写真(長野県)




〜〜〜 ちゃまの今後の予定 〜〜〜

8/25 龍氣ヒーリング伝授(その前後来客)

8/30-31 新潟(弥彦神社での奉納とLIVE、奉納は國友悠一朗氏と)

9/2 LIVE @freebar-d(甲府、東京より来る風の旅人・良太と)

9/14 栃木(寺山観音寺にて奉納演奏)

その後茨城あたりでLIVE か?(遊民谷までプチ旅かな)

9/20-21 群馬遊民谷 LIVE

11/M 写真展(大阪)そして旅

  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 06:19Comments(0)