人気ブログランキングへ

2013年08月04日

憲法9条





憲法9条の尊さを信じるか、信じないか

ちゃまは、信じます

日本人として、地球人として、宇宙人として




憲法9条は、アメリカに敗戦した時に書かされたものかと昔は思っていました

しかしその後いろいろ勉強するうちに、そうでは無いと思うようになりました




9条改正の賛否は、この捉え方の問題だと思います

その捉え方こそが、大事なんだと思います




昭和天皇は、苦しんだと思います

敗戦時、マッカーサー元帥との対話で

自分の命を投げ出し、日本国民の衣食の保証を求めたと聞きます

そしてマッカーサー元帥は昭和天皇の徳に打たれ、アメリカ大統領の想いとは逆に

天皇の命を奪うことをやめ、更に衣食の保証を行なったとも聞きます




この話が本当かどうか、その証のよりどころをちゃまは知りませんが

でも、それはひととして、とても自然な流れのように感じます




これは、ひとのひとらしさを信じるか、信じないかという問題でもあります

ちゃまは、信じています




天皇はその昔、現人神(あらひとがみ)と云われていました

初代天皇は神武天皇で、その物語りは古事記に始まります




古事記に登場する神は、あらゆる間違いもおかします

これは日本神話だけでなく、西洋の神話でもそうです




神は間違いをおかさないというのは、ニンゲンの想い込みではないでしょうか

そもそも間違いなんていうものは、エネルギーとしては存在しません

ニンゲンがニンゲンの都合で、間違いとか間違いではないとか、勝手に測っているだけだと思います




これは、311の震災をどう受け止めるかというのと似た話ですが

ここではその内容への言及は、避けたいとおもいます




この話題と論議は、ネガティブな波動(意識)へもつながるそんな繊細な問題ですから

只単に、自分の中で信じられるものを素直に受け止めてあげたいと、ちゃまは思います




神といわれる宇宙意識の存在は、確からしいエネルギーであり

それは、宇宙のなりたちそのものと理解しています




天皇が神かどうかは別にどちらでも良いのですが、そういう意識として存在した(生きた)ことは確かで

その中で天皇がどのような想いでおられたかは、ひとりのニンゲンとして、想像に難くありません




そのような中で制定された、憲法9条の生まれを信じるとき

ひとりの日本人として、この憲法は聖なるものと受け止めたいと思います




仮にこれが、アメリカから骨抜きにされるための押しつけだったとすれば

憲法改正という声があがるのも理解は出来ます




只、ひととして、直感として、あたりまえとして

国守という大義のもと攻撃へ向かうことが、いいことのわけがありません




ひとの意識は、そんなに愚かではありません

なのに道を外すとき、そこには恐れがあります




それは国をのっとられる恐怖ではなく、単に死の恐怖です

極めて個人的な感情です




日本には、侍の魂があります

美しく死ぬ美学は、死への恐れすら忘れさせました

美しく死ぬことと、美しく生きることは、同じです




にんげんの魂の美しさを信じられるかどうか

それが、今問われているのだと思います




問われているのは、社会ではありません

ひとりひとりに、宇宙意識から問われているのです

それが、たまたま選挙という形をきっかけに現れただけです



反対論者がいるから、賛成論者も深く思考するチャンスを得ます

これが陰陽の関係で、太極図に現される姿でもあります

陰陽は善し悪しではなく、宇宙に存在するエネルギーの質であり

その両方で、宇宙は存在しています




だから「xxx 反対!」と叫ぶのは、例え選択する結果が正しくても

宇宙エネルギーの流れとしては、淀みになると思うのです




第一、気持ちが悪い

所詮戦う意識であることに、かわりはないのです




< 日本国憲法9条 > 三宅洋平の言葉と共に

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

さんざんっぱら喧嘩してきたぜオレ。ゴルゴ13が来たってねー返り討ちにする自信があるよ。だけどね、ケンカに先は無いよ。オレはもう懲り懲りなんだ戦いは。

人類の歴史からもう争いは無くすときなんだよ。とってもダサいんだよね、それは。
もう変わる時だよ。何万年越しに達成したんだよ人間は。もう歴史は変わった。あとは教えてってあげましょうね。

これを生み出すために何百万人が死んだか。何千万人の母親が涙を流したか。

これはねGHQに押し付けられた憲法じゃないよ。あの時の日本人の懲り懲りた心からの叫びだね。

財布取られないでも持ってかれない国のスタンダードを世界のスタンダードにして、

戦争ボケしてる奴らに平和ボケがどんだけ楽しいか教えてやろうよ。

最後に二番。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

これが日本人なんです




彼のメッセージは、憲法9条の改正反対ではありません

http://matome.naver.jp/odai/2137437271649059301




「戦わない、争わない」にあることを知れる、日本国民でありたいと思います

昭和天皇の想いに、こころ寄せたいと思います、合掌




さて、今日から放浪の旅に出ます

明日、明後日は、出雲のご神事に関わらせて頂きます




そして、今日この内容を書いたのにも、何だか意味を感じます

ちゃまはいつも書きはじめる前、「これを書こう」と思っていません




只なんとなく、今に湧きあがったものを素直に

しかし、もの凄いスピードで書いています




これって、書かされてるのか?

ま、それはどっちでもいーんですけどね、笑

どっちにしろ、内なる宇宙との対話に変わりありませんから









では、行って参ります

インラケチ ∞ ONE LOVE
---------------------------------------------------

8/4 旅立ち

8/5&6 ご神事@出雲

8/7 @鳥取大山

8/10 photo WS @長崎

8/11 法事 @長崎

8/12 LIVE @長崎

8/13 @熊本

8/14 @大分湯布院

8/15 @福岡博多

8/17&19 たゆたいむ@岡山

8/18 photo WS @広島福山

8/22or23 @愛知名古屋

8/24-25 @神奈川茅ヶ崎

8/26頃? 大和帰  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 05:47Comments(0)