人気ブログランキングへ

2013年08月24日

放浪の旅 21日目 三重




昨日の夜は、奈良の五條というとろこで泊まりました

いい感じの日帰り温泉があったので、そこでお風呂に入り

そこで食事してビールも飲んで、そこの駐車場で寝ました




夜中は台風のような風雨と雷、ありがたい浄化ですね

モーターハウスは風にあおられ、ぶわんぶわん揺れていました

それが心地よかったんだけれど、笑




そして今朝は、5時55分にそこを出発

熊野へ向かいます




熊野へ向かうといっても、熊野のどこに向かうのかあてはなく、なんとなく走ります

途中から熊野川沿いを延々と走るのですが、熊野川は公共工事の餌食になっていました




その工事の正当性を声たからかに、すごく大きな看板で、しかもあちらこちらでうたっています

「防災」とか「治山」などという言葉で、看板だってかなりの予算をつかっているはずです




こんなことをしなくてはならないのは、やっていることに自信がないからでしょ

自信があるなら、只やればいい




熊野川は、特別な川です

日本の西と東の気を結び、日本そのものを癒す役割をしています







川の色のなんと美しいこと

そんな川がどんどん死んでゆきます

ニンゲンの身勝手な欲のせいで




そしてそのつけは、ニンゲンにもどります

既にもどっていますね、ここかしこに




この地球は、ニンゲン主体の星ではないのです

ニンゲンを含め、全ての元素が調和する場なのです




そんなことを感じていたら、なんだか苦しくなってきて

川沿いの要所要所で、土地のヒーリングをしながら走りました




今朝おにぎりを少し食べたたけで、それから何も食べていません

めっちゃ動いて、めっちゃ汗もかいたのに

今はもう、22時をまわっています




やっとお風呂をみつけることが出来て、さっぱり

今からご飯を食べて、ここの駐車場で寝ます




鞍馬山まではまだ、かなりの距離がありますが

ま、いーっか

今日は結構走ったなぁ、ちかれた




そうそう

熊野川が、ダム建設や護岸工事の被害にあいながらも生きているのは

川を囲んでいる山のおかげです




豊かな森林と土壌をもつ山から流れ来る支流

これが今も熊野川を活かしているのです

現地を旅してそう感じることが出来ました





感謝、合掌




インラケチ & ONE LOVE
---------------------------------------------------

たくさんの予定がありましたが

今後のなりゆきに合わせ、変更してゆきます
  続きを読む
Posted by 放浪太郎 at 23:22Comments(0)